大網駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大網駅
駅舎(2016年2月4日)
駅舎(2016年2月4日)
おおあみ
Ōami
所在地 千葉県大網白里市南玉21-7
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 アミ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線(外房線)
1面2線(東金線)
乗車人員
-統計年度-
10,601人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1896年明治29年)1月20日[1]
乗入路線 2 路線
所属路線 外房線
キロ程 22.9km(千葉起点)
土気 (4.8km)
(2.4km) 永田
所属路線 東金線*
キロ程 0.0km(大網起点)
(3.8km) 福俵
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* 一部列車は外房線に直通。
テンプレートを表示

大網駅(おおあみえき)は、千葉県大網白里市南玉にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。

外房線所属線[2]としており、東金線を加えた2路線が乗り入れている。東金線は当駅が起点であるが、一部の列車は外房線千葉駅方面へ直通運転する。

歴史[編集]

線形について[編集]

1972年(昭和47年)、当駅と房総東線(現在の外房線)の線路が移設され、現行の形態となった。かつての房総東線線路は貨物列車用として1997年平成9年)まで残っていたが、現在も跡地の確認は可能である。これにより、房総東線と西線(現在の内房線)を一周するとき、蘇我駅で車両編成の前後(向き)が逆転する。結果として、房総半島を循環する列車の設定が困難となった。

なお、当駅開設当初は東金駅方面から千葉駅方面と安房鴨川駅方面、両方に分岐する線形となっていた。そのため、房総東線(現・外房線)はスイッチバックが必要であった。スイッチバックが必要な線形については、千葉駅も参照されたい。

駅構造[編集]

外房線ホーム(2017年2月11日)
外房線ホーム(2017年2月11日)
東金線ホーム(2017年2月11日)
東金線ホーム(2017年2月11日)

外房線の相対式ホーム2面2線と、東金線の島式ホーム1面2線の計3面4線で構成される高架駅である。両線のホームは離れている。経緯については、当駅の歴史を参照。

みどりの窓口指定席券売機・コインロッカーが設置されている。直営駅であり、管理駅として外房線の永田駅および東金線の福俵駅東金駅求名駅を管理している。

外房線ホームは全体がカーブしており、列車とホームとの隙間が広くなっている箇所がある。東金線ホームの4番線は外房線上り始発列車と東金線から京葉線・外房線に直通する列車が停車する。これに対して3番線は線路がホーム先端で途切れている。線内折り返し列車の発着のみに使用されている。

3・4番線には、各ホームと駅構内にLED式の発車標が設置されている。(かつては、行先をランプで知らせる案内表示器が設置されていたが撤去されている。)東金線ホームの東金方面より(3・4番線の分岐器付近)には、旧大網駅跡地を利用した保線用施設がある。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 外房線 上り 千葉東京方面 一部列車は4番線
2 下り 茂原勝浦方面  
3・4 東金線 下り 東金成東方面 外房線からの直通は4番線のみ
運転番線 営業番線 ホーム 安房鴨川方面着発 成東方面 千葉方面着発 備考
1 1 15両分 到着可 不可 出発可 外房線上り主本線
2 2 15両分 出発可 不可 到着可 外房線下り主本線
3 3 6両分 不可 到着・出発可 不可
4 4 6両分 不可 到着・出発可 到着・出発可
  • 主本線を発着する場合は通過が可能。ただし成東方面は不可。
  • 夜間、3番線に翌朝の普通列車成東行に使用されるE233系5000番台4両編成[5]が留置される。なお、外房線千葉発23時台終わりの終電は当駅止まりであるが、留置せずに千葉方面に回送で折り返す。

* 参考資料:「JR東日本全線【決定版】鉄道地図帳」 第4巻 「水戸・千葉支社管内編」 『学研』 2010年3月

利用状況[編集]

2016年度の1日平均乗車人員は10,601人である[6]

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員の推移は以表の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
出典
1990年 8,365
1991年 9,452
1992年 10,162
1993年 10,558
1994年 10,946
1995年 11,000
1996年 11,143
1997年 11,085
1998年 11,203
1999年 11,301
2000年 11,315 [7]
2001年 11,404 [8]
2002年 11,307 [9]
2003年 11,306 [10]
2004年 11,319 [11]
2005年 11,427 [12]
2006年 11,490 [13]
2007年 11,440 [14]
2008年 11,328 [15]
2009年 11,004 [16]
2010年 10,938 [17]
2011年 10,693 [18]
2012年 10,722 [19]
2013年 10,844 [20]
2014年 10,565 [21]
2015年 10,594 [22]
2016年 10,601 [6]

駅周辺[編集]

周辺は大網白里市の中心部である。市役所は駅の東側、700メートル程のところにある。新興住宅団地も近接しており、東京千葉市ベッドタウンとなっている。

バス路線[編集]

駅前バスターミナル(2005年10月9日)
のりば 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
大網駅 1   柿餅・白里海岸 サンライズ九十九里 小湊鐵道  
  柿餅・白里海岸 白子車庫 小湊鐵道  
  柿餅 弥幾野 小湊鐵道 平日のみ
2 高速バス 東京駅東雲車庫 小湊鐵道
ちばフラワーバス
 
3   山辺 季美の森 小湊鐵道 朝のみ
  山辺・南五丁目 季美の森 小湊鐵道  
  山辺・南五丁目・東千葉メディカルセンター 季美の森 小湊鐵道  
大網中学校・南五丁目 季美の森 小湊鐵道 平日のみ
  みずほ台三丁目・駒込(内回り) 大網駅 小湊鐵道 平日のみ
  駒込・みずほ台三丁目(外回り) 大網駅 小湊鐵道 平日のみ
4   大網中学校 みどりが丘車庫 小湊鐵道  
  永田駅入口本納駅入口 茂原駅南口 小湊鐵道 土曜1本のみ
大網線 大網下宿・福俵駅入口 東金駅 九十九里鉄道 平日1本のみ
深夜バス 住宅入口・福俵駅入口・南上宿・東金駅・田間(新町公園前) 求名駅 小湊鐵道 24:15発(平日金曜日のみ。金曜日が祝日の場合は木曜日に運行)

なお、このバスは大網駅24:10着茂原行き最終電車と接続をする。

A 快速 昭和の森・土気駅鎌取駅 千葉駅 千葉中央バス 土休日1本のみ
  昭和の森・土気駅 鎌取駅 千葉中央バス  
リムジンバス 羽田空港 千葉中央バス
東京空港交通
 
  大網白里市コミュニティバス 大網白里市役所・南横川 中部コミュニティセンター 左回り
大網白里市コミュニティバス 清名幸谷・大網白里アリーナ 中部コミュニティセンター 右回り
大網駅入口   深夜急行バス 南センター前 山田インター入口 平和交通 平日深夜のみ
  • のりば = 大網駅: 駅前の交通広場

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
外房線
通勤快速・快速(昼間時以外の京葉線経由)・快速(総武線経由)
土気駅 - 大網駅 - 茂原駅 
快速(昼間時の京葉線経由)・普通(各駅停車)
土気駅 - 大網駅 - 永田駅 
東金線
通勤快速・快速(京葉線経由)・普通(各駅停車)
(土気駅 -) 大網駅 - 福俵駅
※通勤快速・快速ともに東金線内は各駅に停車。朝ラッシュ時上りと夕ラッシュ時下りに京葉線直通列車が、日中と夜間の一部に千葉始発・終着列車が設定されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月17日、27頁。
  2. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  3. ^ 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』31号 内房線・外房線・久留里線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年2月21日、22-23頁。
  4. ^ 鉄道ピクトリアル』第48巻第4号、電気車研究会1998年4月、 82頁。
  5. ^ 成東駅に到着後、京葉線経由通勤快速(休日は快速)東京行きとして折り返す。
  6. ^ a b JR東日本:各駅の乗車人員(2016年度)
  7. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2000年度)
  8. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2001年度)
  9. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2002年度)
  10. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2003年度)
  11. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2004年度)
  12. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2005年度)
  13. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2006年度)
  14. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2007年度)
  15. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2008年度)
  16. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2009年度)
  17. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2010年度)
  18. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2011年度)
  19. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2012年度)
  20. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2013年度)
  21. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2014年度)
  22. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2015年度)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]