大納言光子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大納言光子
生年月日 (1985-07-29) 1985年7月29日(35歳)
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都武蔵村山市
血液型 AB型
身長 160cm
言語 日本語
出身 松竹芸能タレントスクール東京校23期生
芸風 コント、ものまね、ダンス
事務所 松竹芸能
同期 河邑ミク⊿あべみなブリキカラス
(松竹芸能タレントスクールの同期生)
現在の代表番組 その他の人に会ってみた
爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル
マネもの
しゃべくり007
相席食堂
ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

大納言光子(だいなごんみつこ、1985年7月29日 - )は、日本お笑い芸人東京都出身。松竹芸能所属。

来歴・人物[編集]

[1]

  • 特技はものまね、フリースタイルダンス(小学生の頃からずっとやっている[2])、振付英語[2])、グラフィティアート、食べ歩き、旅行、映画・舞台鑑賞、写真、歌、ラップ。好きなものは「Adidas originals」のブランド[3]
  • 書道は特待生上の資格あり。
  • 18歳の高校卒業時にダンスでは仕事をもらえず、その代わりに身近の人に笑ってもらうのをうれしく感じていたことが芸人を目指す一つのきっかけともなったが、その時は踏ん切りがつかなかった[2]
  • ニューヨークに6年間留学経験有り。ダンス教室での友人がニューヨークに住むと言い出したことと、その当時のダンス教室の先生がジャネット・ジャクソンらの振付師であるトバリス・ウィルソン(Tovaris Wilson)で、話しかけたくても英語がしゃべれなかったことから英語も勉強したいと思って留学を決め、2006年から2012年まで渡米[2]。「SKINダンスカンパニー」に所属し、アポロシアターアマチュアナイト、シルク・ド・ソレイユアニバーサリーイベントに出演。
  • 2013年4月に松竹芸能お笑いタレントスクール23期生として入学し、活動を開始[4]2014年4月にデビュー[2]。これと並行して、知人に紹介されてものまねなどのネタを活かしたショーパブのアルバイトを始める[2]
  • 2014年、第2回ムーンウォーク世界大会 おもしろ部門 優勝。
  • 2017年4月から1か月間、在カナダ日本国大使館カナダ建国150周年を記念して企画した『カナダの笑顔を探す旅』に参加[2]
  • ユニット『SBK48』のメンバーでもあり、SBK48ではダンスの振付も担当している。

ものまねレパートリー[編集]

萬田久子には高校生の頃から似ていると言われていた。[2]

中居正広のものまねは中学生の時からやっていた。[2]

ものまねは大好きだが、本当は自身がものまねされたい夢がある。[2]

(以下、公式プロフィールより。)

出演[編集]

テレビ[編集]

舞台[編集]

  • シャバダバダンスプレゼンツ「カゼニフカレテワルツ」(2018年5月6日~5月7日、ビートニクスタジオ)

ミュージックビデオ[編集]

  • DEBUと言われて(HY仲宗根泉)

CM・広告[編集]

その他の活動[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]