大紅門事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大紅門
各種表記
簡体字 大红门
拼音 Dahongmen
発音: ダホンメン
テンプレートを表示

大紅門事件(だいこうもんじけん)は、1937年7月13日中華民国北平南苑区(現豊台区)の大紅門中国語版中国軍第38師に日本兵が襲撃された事件。

概要[編集]

満州事変は停戦協定が結ばれたが、その後も日本側の介入工作や、中国側の抗日救国運動などで情勢は緊迫していた。

1937年昭和12年)7月7日に北京郊外で盧溝橋事件が起きた。7月11日に停戦協定が締結されたが、近衛文麿は増派声明を出す。 その2日後の7月13日、北京の大紅門で日本軍のトラックが中国軍第38師に爆破され日本兵4名が死亡する事件が起きた。 7月14日、日本軍騎兵1名が惨殺される。[1]

その後も中国側の事件が起き、7月28日日本軍は北京周辺で占領行動を開始。翌日、親日政権(冀東防共自治政府)の一部保安隊が寝返り、通州事件を起こす。 8月8日日本軍は北部で勢力拡大するチャハル作戦を認可。 8月13日中国軍は上海租界駐留の日本軍を攻撃。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 水野靖夫 『日本人として最低限知っておきたい“Q&A”近現代史の必須知識』 PHP研究所2006年、56頁。
  • 『歴史通2011年3月号』 ワック2011年、163頁。

関連項目[編集]