大築尚志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大築 尚志
生誕 1835年12月14日
千葉県
死没 (1900-06-12) 1900年6月12日(64歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1871 - 1889
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

大築 尚志(おおつき たかゆき、1835年12月24日天保6年11月5日) - 1900年明治33年)6月12日)は、日本陸軍軍人、陸軍中将。幼名、保太郎(やすたろう)。

人物・親族[編集]

沼津兵学校頭取、兵部省兵学助、陸軍省砲兵局長などを歴任。江戸幕府、明治政府で軍事技術者として活躍、日本における大砲などの武器の整備の近代化に大きく貢献した。息子の大築千里京都帝国大学教授、また東京帝国大学出身で1905年(明治38年)に麹町女学校を創立した大築佛郎は四男。六女・壽天は田中義一に嫁いだ。孫に作曲家の大築邦雄がいる。

略歴[編集]

下総国佐倉藩士大築弥市尚忠の子として、佐倉城内で生まれる。母はつな。佐倉藩の藩校、成徳書院(現在の千葉県立佐倉高等学校の前身)で12歳の時の1847年弘化4年)4月21日には、儒学の基礎である四書論語孟子中庸大学)を声に出して読む素読の試験を受け優秀な成績を収める。

1851年嘉永4年)に藩から高島流砲術修行を命ぜられた。1853年(嘉永6年)と翌年のペリー艦隊来航に際して、沿岸警備のため下総国千葉郡寒川浦(現、千葉市)へ出張。藩命により1854年(嘉永7年)から、藩の洋学者である手塚律蔵などから蘭学、英学などを学んだ。1860年万延1年)、佐倉において藩の洋学指南役を拝命、師の推挙で1862年文久2年)蕃書調書出役教授手伝となった。

1865年元治2年)幕臣に取立てられ、幕府陸軍で歩兵差図役として幕府の洋式軍隊編成にあたり、1864年(元治元年)8月には翻訳した『歩兵心得』(1860年版オランダ歩兵武器取扱等心得)が刊行された。明治維新後、主家の駿河移封に従い、沼津兵学校創設を推進し、西周を頭取として招くことに尽力。西辞任後1870年(明治3年)には頭取並となる。

1871年(明治4年)の廃藩置県後に沼津兵学校は兵部省に移管され、陸軍中佐兼兵学助となる。その後、陸軍省第3局副長、造兵正御用取扱、砲兵本廠提理、砲兵会議副議長、砲兵局長、砲兵会議議長心得を経て、1886年(明治19年)陸軍少将・砲兵会議議長となる。さらに砲兵監日清戦争の際は臨時東京湾守備隊司令官を命じられ、1889年(明治32年)には陸軍中将となり同時に後備役に編入された。

1900年(明治33年)6月12日、66歳で死去。死去にあたり正四位旭日重光章を賜る。青山墓地(東京都港区南青山)に葬られ、戒名は大興院殿真常尚志大居士。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『太政官日誌』 明治7年 第1-63号 コマ番号109
  2. ^ 『官報』第1351号「彙報 - 官庁事項 - 褒章 - 黄綬褒章下賜」1887年12月28日。
  3. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  4. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。

関連文献[編集]

  • 樋口雄彦『大築尚志略伝』・沼津市博物館紀要(第11号)、1987年。
  • 宮地正人編『幕末維新論集〈12〉明治維新の人物像』吉川弘文館、2000年。ISBN 9784642037327 (4642037322)

関連項目[編集]