大童山文五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大童山の浮世絵東洲斎写楽画。

大童山文五郎(だいどうざん ぶんごろう、本名:塩野 文五郎、天明8年2月15日1788年3月22日) - 文政5年12月20日1823年1月31日))は江戸時代の相撲力士。山形県出身。最高位は西前頭5枚目(1805年2月場所)。現役時代の体格は159cm、169kg(成年時)。

来歴[編集]

百姓(塩野武左衛門)の子として、出羽国村山郡長瀞村[1](現在の山形県東根市)に生まれる。生後1年2ヶ月で拾貫(37.5キロ)、2歳で115cm(120cmとも)33kgと伝わる[2]。また、7歳で身長三尺九寸七分(120センチ)、体重十九貫(71キロ)、腹三尺六寸(109センチ回り)と錦絵に記されている。

その怪童ぶりから、1794年9月、数え年7歳(満6歳)で江戸に出て初土俵を踏んだ。土俵入りに人気があり、江戸中で大評判になった[3]勝川春英,勝川春山,喜多川歌麿,東洲斎写楽などの絵師がこぞって浮世絵を描いた。中でも、写楽は「大童山土俵入り」シリーズとして、4点浮世絵に描いている。 また北斎版木の裏に彫られた4枚の色版木がボストン美術館に残っている。

寛政享和年間は土俵入りのみだったが、文化年間に入ると相撲を取った記録が残っている。1805年文化2年)2月場所、西前頭5枚目で8勝2休の好成績を残すも、現役全般としては余り成績は振るわなかった(但し、当時の記録については殆ど残っていないため、正確な点は不明)。1812年文化9年)4月場所で引退

引退後は、神田下谷広徳寺の前で手拭を売った。「七年モグサ」を売って繁盛したという[4]1822年文政5年)12月20日死去。享年36(満34歳没)。蔵前の榧寺に墓がある。

没後の1979年昭和54年)には、土俵入りの様子を描いた郵便局切手が発行されている[5]

主な戦績[編集]

  • 幕内在位:12場所(但し実際に相撲を取ったのは1804年11月場所-1806年3月場所の4場所のみ)
  • 幕内通算成績:9勝1敗100休 勝率.900
  • 現役在位:12場所

脚注[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]