大石良雄外十六人忠烈の跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大石良雄外十六人忠烈の跡 (都営高輪アパート内)
大石良雄等自刃ノ跡 (道標)

大石良雄外十六人忠烈の跡(おおいし よしお ほか じゅうろくにん ちゅうれつの あと)は東京都港区高輪にある旧跡で、かつては肥後熊本藩江戸下屋敷がここにあった。

概要[編集]

元禄16年2月4日1703年3月20日)、熊本藩細川家の下屋敷において赤穂浪士大石良雄(大石内蔵助)ほか16人が切腹した。三田伊予松山藩屋敷跡(現:イタリア大使館)には大石主税良金ら十士切腹の地がある。大石父子の切腹は、ほぼ同時刻であったといわれている。

浪士たちは、江戸高輪の泉岳寺曹洞宗)に葬られている。12月13・14日には義士祭が催されている。この碑は平成10年(1998年)に東京都港区教育委員会によって設置された。

自刃した義士[編集]

  1. 大石内蔵助(良雄)
  2. 吉田忠左衛門(兼亮)
  3. 原惣右衛門(元辰)
  4. 片岡源五右衛門(高房)
  5. 間瀬久大夫(正明)
  6. 小野寺十内(秀和)
  7. 間喜兵衛(光延)
  8. 礒貝十郎左衛門(正久)
  9. 堀部弥兵衛(金丸)
  10. 近松勘六(行重)
  11. 富森助右衛門(正因)
  12. 潮田又之丞(高教)
  13. 早水藤左衛門(満尭)
  14. 赤埴源蔵(重賢)
  15. 奥田孫太夫(重盛)
  16. 矢田五郎右衛門(助武)
  17. 大石瀬左衛門(信清)

赤穂浪士終焉の地[編集]

四十六士がお預けとなった4藩の藩邸は、いずれも今日の東京都港区にある。

預先 江戸藩邸 史跡 所在地
細川越中守(綱利) 肥後熊本藩 高輪下屋敷 大石良雄外十六人忠烈の跡 高輪一丁目
水野監物(忠之) 三河岡崎藩 芝中屋敷 水野監物邸跡 芝五丁目
松平隠岐守(定直) 伊予松山藩 三田中屋敷 大石主税良金ら十士切腹の地 三田二丁目
毛利甲斐守(綱元) 長門長府藩 麻布上屋敷 毛利甲斐守邸跡 六本木六丁目

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度38分24.10秒 東経139度44分5.40秒 / 北緯35.6400278度 東経139.7348333度 / 35.6400278; 139.7348333