大石良欽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大石 良欽(おおいし よしたか、元和4年(1618年) - 延宝5年1月26日1677年2月27日))は、江戸時代前期の赤穂藩浅野家の筆頭家老。通称は内蔵助(くらのすけ)。

赤穂浅野家筆頭家老の大石良勝の嫡男として誕生。母は大石良定の娘。

慶安3年(1650年)8月、父良勝の死去により1500石の家督と家老職を相続。寛文元年(1661年)に京都内裏皇居)が炎上すると、その翌年に赤穂藩浅野長直が新内裏造営を命じられたが、この際に良欽が長直に代わって京都へ赴き、造営工事の総指揮をとる。完成した内裏は見事なもので、後西天皇からもその出来栄えを褒められるほどであった。

妻に水戸藩鳥居忠勝鳥居元忠の四男)の娘を迎え、その間に大石良昭(嫡男・大石家の跡継ぎ)、小山良速(次男・広島藩浅野家家臣)、小山良師(三男・赤穂藩足軽頭300石)、ちょう(長女・赤穂藩重臣近藤正憲の妻)、大石良次(四男・高松藩松平家家臣)、つう(次女・進藤俊式の妻)、千代松(三女・広島藩士進藤吉大夫妻)の7人の子を儲けた。延宝元年(1673年)に長男良昭が死去したため、良昭の長男である孫の良雄を養嗣子に迎えた。

延宝5年(1677年)1月26日に死去。享年60。赤穂花岳寺に葬られた。清巌院殿龍山宗雲居士。大石家の家督と浅野家家老職は、大石良雄が継いだ。

先代:
大石良勝
赤穂藩家老大石家当主
第2代:1650年 - 1677年
次代:
大石良雄