大石良尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大石 良尚(おおいし よしなお、享保20年(1735年) - 寛政9年12月9日1798年1月25日))は、江戸時代中期の安芸国広島藩の上士。赤穂藩浅野家家老・大石良雄曾孫婿(血統では良雄の義弟の曾孫)。

広島藩士小山良至の五男として生まれる。

良雄の三男で大石家を継いだ良恭(大三郎)の女婿となり、明和5年(1768年)に良恭の後を継いで大石家の家督を相続したが、知行高1200石に減じられ平上士の扱いとなる[1]。良恭には妾腹とはいえ2人の直系の男子がいたが、家督を継げず養子を迎えた理由は不明である[2]

後継者となった男子(良完[3])とその嫡男・良継が相次いで先立ち、嗣子がないため隠居できず、寛政9年(1797年)病んで大石家を去り、実家の小山家に帰って没した。嫡流の絶えた大石家は一旦断絶となったが、横田氏が大石姓を名乗り再興した[4]

先代:
大石良恭
広島藩大石家(小山系)当主
第2代:1768年 - 1797年
次代:
断絶

脚注[編集]

  1. ^ 病弱とも言われ、広島藩で重職についた記録はない。子や孫も早逝している。
  2. ^ 神沢杜口三田村鳶魚が理由を述べているが、あまりに酷評で異論もある。
  3. ^ 義士銘々傳より(発行:泉岳寺)
  4. ^ 横田氏は近江守護の傍流であり、在郷の下司だった大石氏より家格は上である(旧主筋)。

関連項目[編集]