大石信澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大石 信澄(おおいし のぶずみ、寛永13年(1636年) - 元禄2年12月24日1690年2月3日))は、江戸時代前期の赤穂藩浅野氏の家臣。赤穂浪士大石信清の父。通称は孫四郎(まごしろう)、のち八郎兵衛(はちろべえ)。

赤穂浅野家重臣の大石信云の次男として生まれる。母は浅野家重臣の奥野尚次の娘。兄に大石無人がいる。正保2年(1645年)に父が隠居すると、450石の家督と八郎兵衛の通称はこの信澄が継いだ。

元禄2年(1689年)12月24日に赤穂藩大阪屋敷に勤務中に死去。享年54。大阪の圓通院に葬られた。法名は西朱院太木道意。

妻は小田貞守の妹。息子に大石信興、大石信清。娘も3人おり、次女べんは赤穂浅野家家臣の岡本重之の妻となっている。