大矢鞆音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大矢 鞆音(おおや ともね、1938年1月15日 - )は、日本の作家、美術評論家、研究者。

略歴[編集]

1938年(昭和13年)、日本画家大矢黄鶴の次男として東京に生まれる。7人兄弟の次男で、2歳年長の兄大矢紀、2歳下の弟大矢十四彦も後に日本画家となる。1962年(昭和37年)、早稲田大学第一文学部美術史学専修卒業。在学中から『萌春』など美術雑誌の展覧会評を執筆し、河北倫明らの知遇を得る。日本放送出版協会NHK出版)に入社。同社で『趣味の園芸』編集長などを経て、美術書の企画・編集にも携わり、取締役美術部長。1977年(昭和52年)の『杉山寧:エジプト幻想行』・『平山郁夫:わが心のシルクロード』を皮切りに河北倫明を監修に刊行を始めた「現代日本画家素描集」シリーズ全20巻は当時、こうした美術書としては空前のヒットとなった。その後、他社からも刊行される素描画集の嚆矢と言える。1992年(平成4年)からは続編として「新現代日本画家素描集」も刊行した。同社定年後は、編集者時代には自ら封じていた執筆活動も再開。また、在職中に開館に向け尽力した津和野町立安野光雅美術館奈良県立万葉文化館、田中一村記念美術館美術館の3館が2001年に相次いでオープンし、津和野町立安野光雅美術館館長、奈良県立万葉文化館総合プロデューサー、田中一村記念美術館顧問(2009年まで)に就任、館の運営に携わる。父の代からの日本画家との付き合いは幅広く、また、田中一村研究の第一人者としても知られる。

著書[編集]

主な寄稿・随筆・論文等[編集]

展覧会評[編集]

  • 「静寂の中の美術展:中国現代絵画展・浮世絵日本の旅展」『萌春』228号、1974年、日本美術新報社

画家論[編集]

論文[編集]

  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」1(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』12号2006年奈良県立万葉文化館
  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」2(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』15号2006年、奈良県立万葉文化館
  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」3(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』17号2006年、奈良県立万葉文化館
  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」4(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』18号2006年、奈良県立万葉文化館
  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」5(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』19号2007年、奈良県立万葉文化館
  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」6(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』20号2007年、奈良県立万葉文化館
  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」7(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』22号2007年、奈良県立万葉文化館
  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」8(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』24号2007年、奈良県立万葉文化館
  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」9(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』25号2007年、奈良県立万葉文化館
  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」10(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』27号2008年、奈良県立万葉文化館
  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」11(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』29号2008年、奈良県立万葉文化館
  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」12(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』33号2008年、奈良県立万葉文化館
  • 「論考:田中一村、団体展への挑戦―日展・院展出品を中心に」『生誕100年記念特別展 田中一村展』2008年、奈良県立万葉文化館
  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」13(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』36号2009年、奈良県立万葉文化館ISSN 1883-2229
  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」14(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』39号2009年、奈良県立万葉文化館ISSN 1883-2229
  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」15(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』41号2010年、奈良県立万葉文化館ISSN 1883-2229
  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」16(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』45号2010年、奈良県立万葉文化館ISSN 1883-2229
  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」17(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』46号2011年、奈良県立万葉文化館ISSN 1883-2229
  • 「連載 資料紹介 中庭煖華絵日記」18(共著)、『奈良県立万葉文化館展覧会だより』47号2011年、奈良県立万葉文化館ISSN 1883-2229

編集を手がけた主な出版物[編集]

  • 『現代日本画家素描集1 杉山寧:エジプト幻想行』1977年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集2 平山郁夫:わが心のシルクロード 』1977年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集3 森田曠平:歴史の女人像』1978年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集4 堅山南風:インド・タヒチの旅から』1978年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集5 東山魁夷:唐招提寺への道』1978年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集6 加山又造:裸婦百態図』1978年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集7 高山辰雄:日月星辰』1978年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集8 奥村土牛:わが身辺抄』1978年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集9 上村松篁:わが身辺の鳥たち』1979年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集10 山口華楊:わが愛すべき動物たち』1979年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集11 橋本明治:舞妓と鶴』1980年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集12 奥田元宋:わが山河』1980年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集13 今野忠一:日本の名山』1980年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集14 松尾敏男:わが花心』1980年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集15 加藤東一:長良川流転』1980年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集16 麻田鷹司:京洛の四季』1981年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集17 大山忠作:日月春秋』1981年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集18 吉岡堅二:中亜風物』1981年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集19 吉田善彦:大和古寺』1981年、日本放送出版協会
  • 『現代日本画家素描集20 山本丘人:夕焼け山水』1981年、日本放送出版協会
  • 『大矢黄鶴・大矢紀・大矢十四彦三人展』1982年、新潟日報社
  • 『田中一村作品集―NHK日曜美術館「黒潮の画譜」』1985年、日本放送出版協会
  • 『新現代日本画家素描集1 後藤純男:大和の寺』1992年、日本放送出版協会
  • 『新現代日本画家素描集2 中路融人:湖北讃歌』1992年、日本放送出版協会
  • 『新現代日本画家素描集3 上村淳之:鳥たちとの対話』1992年、日本放送出版協会
  • 『新現代日本画家素描集4 中島千波:桜花抄』1992年、日本放送出版協会
  • 『新現代日本画家素描集5 福井爽人:おりおりの記』1992年、日本放送出版協会
  • 『新現代日本画家素描集6 土屋礼一:ふるさとへの道』1993年、日本放送出版協会
  • 『新現代日本画家素描集7 田淵俊夫:大地悠久』1993年、日本放送出版協会
  • 『新現代日本画家素描集8 大矢紀:牡丹図譜』1993年、日本放送出版協会
  • 『新現代日本画家素描集9 松本哲男:宙への道 中国・インドをゆく』1993年、日本放送出版協会、ISBN 4-14-009197-5
  • 『新現代日本画家素描集10 小山硬:天草追想』1993年、日本放送出版協会
  • 『新現代日本画家素描集11 那波多目功一:四季花譜図』1993年、日本放送出版協会
  • 『新現代日本画家素描集12 岩沢重夫:天響水心の世界』1994年、日本放送出版協会、ISBN 4-14-009200-9
  • 『田中一村作品集〔新版〕』2001年、日本放送出版協会
  • 『花を描く―堅山南風素描集』2006年、青幻社、ISBN 4861520878
  • 『平成「梅花の宴」展―近・現代の日本画にみる』2006年、NHKきんきメディアプラン

参考文献[編集]

  • 『画家たちの夏』2001年、講談社
  • 安野光雅『明日香村』2009年、NHK出版

関連項目[編集]