大白兔奶糖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大白兎奶糖

大白兎奶糖(White Rabbit Candy)は、1918年創業の冠生園中国語版1959年(昭和34年)から発売している中国を代表するキャンディーである。

概要[編集]

大白兎奶糖は白いミルク味のソフトキャンディで、包み紙にはマスコットの白うさぎが描かれている。原料は、コーンスターチコーンシロップサトウキビバター牛乳などとなっている[1]

大白兎奶糖の前身は「ABCミッキーマウスキャンディ(ABC米老鼠奶糖)」であり、上海のABC糖果廠のオーナーである馮伯鏞が、イギリスのミルクキャンディを参考にして製品化された。劉義清が液体グルコース、白糖、乳粉、凝縮乳、その他の原材料を使用して製法を開発し、1943年から上海において手作業で製造された[2]。馮伯鏞は当時上海の子供たちの間で、ミッキーマウスの漫画が非常に人気があることを知り、赤いミッキーマウスのワックスペーパーパッケージをデザインして「ABCミッキーマウスキャンディ」と名付けた[3]

ABC糖果廠は1956年に国有化され、「愛民糖果廠」に改名された[4]。ミッキーマウスのデザインは外国に媚びて好ましくないとされたため、上海美術設計公司は新しい白うさぎのパッケージをデザインし、「大白兎奶糖」として発売した[4][3][5]

1950年代後半、蔣茂有はこの製法を調整し、粉ミルク、クリーム、凝縮乳の比率を変更。味を濃くすることでより大衆向けのものとした。このレシピは現在に至るまでほとんど変更されていない[2]。1976年の国有企業の再編過程で、愛民糖果廠は同じく上海の冠生園と統合された[4]

売上[編集]

現在年間国内の売り上げは146億元に上り、50ほどの国や地域に輸出されている。

参照[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 大白兔奶糖簡介 新浪網”. 2013年12月22日閲覧。
  2. ^ a b 幾十年來配方未變 這只「大白兔」有蜜餞味”. 東方網 (2011年12月23日). 2014年5月29日閲覧。
  3. ^ a b 市场营销案例新编. 清華大学出版社. (2004). pp. 54–58. ISBN 978-7-81082-425-5. http://books.google.com/books?id=V070PqRDC2UC&pg=PT54 
  4. ^ a b c “大白兔 苦涩年代诞生的甜滋味[組図”]. 中国網. (2009年8月11日). http://www.china.com.cn/photo/xzg60/jgwy/2009-08/11/content_18399161_3.htm 2013年12月22日閲覧。 
  5. ^ 親,你可知道海派品牌的奇聞軼事?”. 解放日報. 2013年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月29日閲覧。

外部リンク[編集]