大畔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 千葉県 > 流山市 > 大畔
大畔
大畔・上貝塚
大畔・上貝塚
大畔の位置(千葉県内)
大畔
大畔
大畔の位置
北緯35度52分26.35秒 東経139度54分52.6秒 / 北緯35.8739861度 東経139.914611度 / 35.8739861; 139.914611
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Nagareyama, Chiba.svg 流山市
人口
2017年(平成29年)11月1日現在)[1]
 • 合計 162人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
270-0122[2]
市外局番 04[3]
ナンバープレート 野田

大畔(おおぐろ)は、千葉県流山市にある地名。郵便番号は270-0122[2]

地理[編集]

流山市の中部に位置し、地域の一部は流山市の新拠点として都市再生機構により「流山都市計画事業新市街地地区一体型特定土地区画整理事業」が行われている。地域内に県立流山おおたかの森高等学校がある。

西初石、西は桐ケ谷上貝塚、南は三輪野山、北は若葉台と接している。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

当地に普通より幅の広いを作ったことにより大畔とした。

沿革[編集]

  • 1869年明治2年) 葛飾県葛飾郡大畔新田となる。
  • 1871年(明治4年) 廃藩置県により印旛県葛飾郡大畔新田となる。
  • 1873年(明治6年) 県の統合及び、郡の分割により千葉県東葛飾郡大畔新田となる。
  • 1889年(明治22年) 東葛飾郡思井村、芝崎村、前平井村、後平井村、古間木村、長崎村、中村、名都借村、野々下村、前ヶ崎村、向小金新田、駒木村、市野谷村、十太夫新田、駒木新田、青田新田、初石新田と合併し、東葛飾郡八木村大字大畔新田となる。
  • 1951年(昭和26年)4月1日 流山町、新川村と合併し、東葛飾郡江戸川町大字大畔新田となる。
  • 1952年(昭和27年)1月1日 江戸川町が流山町に改称。東葛飾郡流山町大字大畔新田となる。
  • 1967年(昭和42年)1月1日 市制施行により、流山市大字大畔新田となる。
  • 大畔新田より大畔へ地名を変更する。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)11月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
大畔 83世帯 162人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4][5]

番地 小学校 中学校
366番地の2・5・6、414番地の2・4
415番地の1、423番地の4
426番地の2、 427番地~429番地
430番地の2・3、431番地の1
436番地の2・5~21
440番地の1〜4、454番地の1~3
482番地の1~4、520番地
521番地の2、522番地
524番地、525番地
528番地の2・4、528番地の6
530番地の4、531番地の1~8
535番地の1・4
流山市立おおたかの森小学校 流山市立おおたかの森中学校
その他 流山市立西初石小学校 流山市立西初石中学校

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁字別・男女別人口(世帯数含む) 【各月1日】”. 流山市 (2017年11月2日). 2017年11月28日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月28日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年11月28日閲覧。
  4. ^ 流山市立小学校通学区域 地番別”. 流山市 (2017年9月15日). 2017年11月28日閲覧。
  5. ^ 流山市立中学校通学区域 地番別”. 流山市 (2017年9月15日). 2017年11月28日閲覧。