大田美和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大田 美和(おおた みわ、1963年1月15日[1] - )は、歌人英文学者中央大学文学部教授。専門は19世紀英国小説。夫は歌人の江田浩司

経歴[編集]

東京都生まれ。1986年、早稲田大学第一文学部英文学専修卒業。1984年に朝日新聞朝日歌壇に初めて入選して以来、1986年から1990年にかけて投稿歌がほぼ毎週掲載されるようになり、全国に愛読者を獲得する。1986年全国短歌フォーラムin塩尻で優秀賞を受賞。1988年朝日新聞朝日歌壇賞を受賞。同年、NHK全国短歌大会で特選になる。1989年、未来短歌会に入会し、近藤芳美に師事。1991年、未来年間賞を受賞。同年、第一歌集『きらい』を上梓。フェミニズムの表現として軽やかに性愛を詠み、自立した新しい女性像を立ち上げて、歌壇にデビューを果たす。

1993年、東京大学大学院人文科学研究科英語英文学専攻博士課程を単位取得満期退学し、駒沢女子大学人文学部専任講師となる。助教授を経て、2003年、中央大学文学部教授。1994年日本ブロンテ協会奨励賞受賞。

2010年、英語の詩「Bon Appétit」で英国Bridport Arts Centre 主催のBridport Prize、Supplementary Prize を受賞。[2] 2014年12月25日、中央大学元教授横湯園子(心理学)の発案による平和運動「女の平和 国会ヒューマンチェーン」実施の前の記者会見に登壇。 2015年1月17日の「女の平和 国会ヒューマンチェーン」で、国会議事堂正門前で「女の平和」のテーマ・ソング(歌詞は大田美和の詩「乾杯――開かれた社会に向けて」の冒頭部「序詞」、作曲は長尾圭一郎)を歌い、スピーチを行う。 2016年5月15日に開催されたイベント「Democracy Strikes Back!! 民主主義の逆襲」(於 早稲田大学大隈講堂)で、「安全保障関連法に反対する中央大学有志の会」の一員として登壇し、「女の平和」のテーマ・ソングを歌い、スピーチを行う。 2016年、2017年、中央大学文学部主催のトーク・ショー BUN Caféでコーディネーターと司会をつとめる。

2015年5月、ラオスのルアンパバーンのスパーヌウォン大学のワンアジア財団による寄付講座で歌人近藤芳美と作曲家尹伊桑について講義を行う。

2017年11月、韓国の培材大学校のワンアジア財団による寄付講座で、「作曲家尹伊桑とアジア共同体」という題名で講義を行う。

2018年1月、「分断をどう越えるか―福島と短歌」において、基調講演「分断と文学の可能性」を行い、パネルディスカッションの司会をつとめる(主催 現代短歌社)(於 セレクトン福島)。[1] 2018年5月、高知県安芸郡馬路村のキャリア教育学習のため、「英語が開いた私の人生(マイウェイ)―歌人、大学人として」という演題で講演(於 馬路村就業改善センター2階ホール)(馬路村教育委員会主催)。2018年11月、ベトナムのハノイのハノイ建築大学のワンアジア財団による寄付講座で、「絵本作家いわさきちひろとアジア共同体」という題で講義を行う。

2019年4月より中央大学杉並高等学校の校長を兼務。

2020年4月、初めてのエッセイ集である、思考集『世界の果てまでも』を出版。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『短歌研究 2014年12月号(2015短歌年鑑)』(短歌研究社、2014年)巻末「歌壇名簿」より
  2. ^ http://www.bridportprize.org.uk/poetrywinners2010.htm

外部リンク[編集]