大田川 (愛知県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大田川
水系 二級水系 大田川
種別 二級河川
延長 4.1 km
流域面積 17.2 km²
水源 加木屋大池(東海市
水源の標高 70 m
河口・合流先 名古屋港
流域 東海市・知多市・大府市
テンプレートを表示

大田川(おおたがわ)は愛知県を流れる河川二級水系大田川の本流

地理[編集]

東海市加木屋町の加木屋大池を水源とする川だが、最上流部は暗渠になっている。暗渠出口で知多市をかすめながら向きを変え、県道55号と平行するように東海市市街を北上。富木島町付近で西北に流れを変えて大府市に端を発する上野新川と、さらに約500メートル下流の中央町付近で渡内川と合流したのち、西知多産業道路を越えた付近で再度流れる方向を南西へと変えて、知多市との境界近くで名古屋港へと注ぐ。

名鉄の太田川駅はこの川が駅名の由来であるが現在の駅名には点が付いており川の名前とは異なっている。

歴史[編集]

河川施設[編集]

参考文献[編集]

  • 『二級河川大田川水系河川整備基本方針』- 愛知県、平成17年3月
  • 『二級河川大田川水系河川整備計画』- 愛知県、平成17年8月

外部リンク[編集]