大生部多

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大生部 多(おおうべ の おお、生没年不詳)は、飛鳥時代の人物。シャーマン。はなし。

概要[編集]

大生部は職業部の内の壬生部(諸皇子の養育に携わる人々とその封民)の一つ[1]

多は駿河国の不尽河(富士川)辺の人。皇極天皇3年(644年)にタチバナイヌザンショウにつくカイコに似た虫(アゲハチョウ、一説にはシンジュサンの幼虫)を常世神であると称し、それを祀れば貧しい者は富み、老いた人は若返ると吹聴した。そのため、人々は虫を台座に安置し、舞い踊り家財を喜捨して崇め、往来で馳走を振る舞い、歌い踊り恍惚となり富が訪れるのを待った。

やがてこの騒動はのみならず周辺の地方にも波及し、私財を投じて財産を失う者が続出して社会問題となる。渡来系の豪族であった秦河勝はこの騒動を懸念して鎮圧にあたり、騒乱を起こし民衆を惑わす者として大生部多を討伐(生死不明)した。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 太田[1963: 1306]
  2. ^ 日本書紀』皇極天皇3年7月条

参考文献[編集]

  • 『ガダラの豚』中島らも著 著者がこの大生部多の末裔という設定の大生部多一郎なるアルコール依存の民俗学者を主人公に据え、強力な呪いを操るアフリカの呪術師と多一郎の持つ「虫、愛ずる大君」の能力が激突する冒険小説。
  • 太田亮『姓氏家系大辞典』角川書店、1963年
  • 高橋紳吾『超能力と霊能者』岩波書店、1997年、ISBN 9784000260787、3頁。