大熊由紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大熊 由紀子(おおくま ゆきこ)は、日本の科学ジャーナリスト朝日新聞社論説委員を経て国際医療福祉大学大学院教授。夫は元朝日新聞記者の大熊一夫

経歴[編集]

東京都立日比谷高等学校卒業。東京大学教養学部科学史科学哲学専攻。卒業後朝日新聞社に入社。社会部記者、科学部記者、科学部次長等を経て、1984年、同社で女性初の論説委員になり、医療福祉科学分野の社説を17年間担当。2001年から3年間大阪大学大学院人間科学研究科教授(ソーシャルサービス論)、2004年より国際医療福祉大学大学院教授。

ほかに、佛教大学社会福祉学部客員教授、日本福祉大学客員教授、国立大学法人筑波技術大学理事介護対策検討会委員、医療審議会委員、国民生活審議会委員、全国ボランティア活動振興センター運営委員、公衆衛生審議会委員、中央社会福祉審議会障害者の欠格条項をなくす会共同代表、千葉県21世紀健康福祉戦略検討委員会座長、千葉県健康福祉政策担当参与滋賀県高齢化対策委員会会長、日本社会福祉士会理事、共用品推進機構理事などを歴任した。

2000年、第4回女性科学者の会功労賞を受賞した。[1][2]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『核燃料 : 探査から廃棄物処理まで』朝日新聞社、1977年2月 -- 1976年夏から朝日新聞に48回連載された記事に加筆されたもの[3]
  • 『「寝たきり老人」のいる国いない国』ぶどう社、1991年4月
  • 『福祉が変わる医療が変わる-日本を変えようとした70の社説+α』ぶどう社、1996年11月
  • 『女性科学ジャーナリストの眼』勁草書房、1985年1月
  • 『恋するようにボランティアを : 優しき挑戦者たち』ぶどう社、2008年4月
  • 『物語介護保険 : いのちの尊厳のための70のドラマ』上・下 岩波書店、2010年

編著[編集]

  • 『講座・障害をもつ人の人権』有斐閣
  • 『ほんとうの長寿社会をもとめて-市町村からの新しい波』ぶどう社
  • 『クローさんの愉快な苦労話-デンマーク式自立生活はこうして誕生した』ぶどう社
  • 『科学は人間を幸せにするか』勁草書房

共著[編集]

  • 『心のプリズム』『あすのエネルギー』『ことわざ医学事典』(朝日新聞社)
  • 『人間性の医学』名古屋大学出版会
  • 『科学技術と人間のかかわり』大阪大学出版会

脚注[編集]

  1. ^ 国際医療福祉大学 大熊 由紀子(おおくま ゆきこ) 教授
  2. ^ ぶどう社大熊 由紀子(おおくま ゆきこ)
  3. ^ 『核燃料 : 探査から廃棄物処理まで』あとがき

外部リンク[編集]