大熊政彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
世界柔道選手権
1991 バルセロナ 65kg級
アジア大会
1990 北京 65kg級

大熊 政彦(おおくま まさひこ、1966年12月26日 - )は岐阜県北方町出身の柔道家。

人物・来歴[編集]

  • 身長168cm。血液型A型。出身道場は清水道場。
  • 大垣日本大学高等学校在校当時はバルセロナオリンピック銅メダリストの岡田弘隆、今川義則とともに岐阜の三羽烏と呼ばれ、高校選手権躍進の原動力となった。
  • 過去27回(2008年まで)の全日本学生柔道体重別選手権大会において4年連続決勝進出した選手は大熊正彦(改名前)ただ一人である。〔1年次優勝、2年次準優勝、3年次準優勝、4年次優勝〕
  • 第15回全日本サンボ選手権大会では68kg級で優勝している。
  • 1991年、バルセロナ(スペイン)で開催された世界柔道選手権65kg以下級決勝でクベルマルツ(ドイツ)に敗れ準優勝。翌年のバルセロナオリンピック65kg以下級の有力候補となるが、福岡で開催された全日本選抜体重別選手権大会で準決勝で敗れ、五輪代表を逃した。
  • 東海大学卒業後、東洋水産に入社。その後、母校である大垣日本大学高等学校に戻り、現在男子柔道部監督として自身が達成できなかった五輪出場を後輩に託し指導している[1]
  • また、柔道以外にサンボにも取り組んで、1989年の全日本選手権では68kg級で優勝を飾った[2]

主な戦績[編集]

出身校[編集]

  • 北方町立北方小学校卒業
  • 北方町立北方中学校卒業
  • 大垣日本大学高等学校卒業
  • 東海大学体育学部武道学科卒業

脚注[編集]

外部リンク[編集]