大炊御門嗣雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
大炊御門嗣雄
時代 鎌倉時代後期
生誕 不明[1]
死没 正中2年10月23日1325年11月29日
改名 冬実→嗣雄
官位 従二位非参議
主君 亀山天皇後宇多天皇伏見天皇後伏見天皇後二条天皇花園天皇後醍醐天皇
氏族 大炊御門家
父母 父:大炊御門信嗣、母:惟宗昌俊
兄弟 良宗嗣雄
テンプレートを表示

大炊御門 嗣雄(おおいのみかど つぐお)は、鎌倉時代末期の公卿太政大臣大炊御門信嗣の二男。官位従二位非参議

家嫡であった異母兄・良宗よりも長命であった。

経歴[編集]

以下、『公卿補任』、『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

  • 文永2年(1265年)11月8日、従五位下に叙せられる。
  • 文永3年(1266年)2月1日、侍従に任ぜられる。
  • 文永4年(1267年)2月27日、従五位上に昇叙。
  • 文永6年(1269年)1月5日、正五位下に昇叙。
  • 文永7年(1270年)1月21日、伊予権介に任ぜられる。同年閏9月4日、従四位下に昇叙。侍従は元の如し。
  • 文永8年(1271年)7月2日、従四位上に昇叙[2]
  • 文永11年(1274年)2月20日、右少将に任ぜられる。同年10月3日、左中将に転任。
  • 建治元年(1275年)1月6日、正四位下に昇叙[3]
  • 建治2年(1276年)1月23日、播磨介を兼ねる。同年5月26日、春宮権亮を兼ねる。
  • 建治3年(1277年)12月4日、春宮権亮を辞した。
  • 弘安9年(1286年)閏12月16日、左中将を辞した[4]
  • 徳治2年(1307年)8月23日、大納言であった兄・良宗が薨去[5]
  • 延慶2年(1309年)12月30日、従三位に叙せられる。
  • 延慶4年(1311年)3月20日、父・信嗣が薨去。
  • 正和3年(1314年)1月5日、正三位に昇叙。
  • 正和5年(1316年)11月23日、従二位に昇叙。
  • 正中2年(1325年)9月、出家。同年10月23日、薨去。享年は60〜64と推測される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 良宗文応元年(1260年)生まれなので、弘長元年(1261年)から文永2年(1265年)の間と推測できる。
  2. ^ 5月6日に六条殿への行幸時の院司による。
  3. ^ 院当年御給。
  4. ^ この時はまだ冬実。
  5. ^ 冬実から嗣雄への改名は兄・良宗の薨去が契機と推測される。

参考文献[編集]