大津有一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大津 有一
人物情報
生誕 (1902-03-27) 1902年3月27日
日本の旗 日本 石川県
死没 (1983-07-01) 1983年7月1日(81歳没)
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 国文学
伊勢物語
研究機関 第七高等学校
金沢大学
皇學館大学
学位 東京大学文学博士
称号 金沢大学名誉教授
主要な作品伊勢物語古註釈の研究」
テンプレートを表示

大津 有一(おおつ ゆういち、1902年3月27日 - 1983年7月1日[1])は、日本の国文学者。

略歴[編集]

石川県生まれ。1930年東京帝国大学文学部国文科卒。第七高等学校教授、1949年金沢大学法文学部教授、1957年「伊勢物語古註釈の研究」で東京大学文学博士。金沢大法文学部長、66年定年退官、名誉教授、皇學館大學教授[2]。『伊勢物語』を専門とした。

著書[編集]

  • 『伊勢物語古註釈の研究』石川国文学会 1954年 八木書店 1986年
  • 『伊勢物語の新しい解釈』至文堂 国文注釈新書 1955年

校注・共編[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 皇學館人物列伝