大泰司紀之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大泰司 紀之(おおたいし のりゆき、1940年 - )は日本の哺乳類学者。

人物[編集]

1940年生まれ[1]。元酪農学園大学教授(環境システム学部生命環境学科)、北海道大学名誉教授[2]。ニホンジカを中心とする資源保全学/形態・構造/生物多様性・分類/ を専門に研究をおこなった[2]。1964年北海道大学獣医学部獣医学科卒、1964年-1971年北海道大学助手、1971年-1980年北海道大学講師、1980年-1995年北海道大学助教授、1995年-2004年北海道大学教授[2]。1996年日本解剖学会評議員、2001年野生動物医学会評議員、1996年日本獣医学会評議員、1995年野生生物保護学会理事[2]。書籍等出版物として、「中国鹿類動物(華東師範大学出版社) 1992年」「歯の比較解剖学(医歯薬出版株式会社)1989年」[3]「中国の野生哺乳動物[日本語[4]・中国語[5]・英語の3ヵ国語で出版](中国林業出版社)2000年」などがある[2]。所属学協会は日本解剖学会野生動物医学会歯科基礎医学会日本哺乳類学会日本獣医学会日本畜産学会日本生態学会化石研究会文化財科学会野生生物保護学会北海道畜産学会[2]

1978年6月、「ニホンジカ(Cervus nippon)の齢査定法と年齢に関する研究」で獣医学博士(北海道大学)[6]

著書[編集]

論文[編集]

賞詞[編集]

  • 日本哺乳類学会賞(第3回):2010年「シカ類の動物地理と保全に関する研究」[7]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国立国会図書館(NDL)典拠レコード検索
  2. ^ a b c d e f Read 2008
  3. ^ 大泰司紀之 1986
  4. ^ 盛和林, 大泰司紀之 & 陸厚基 2000
  5. ^ 盛和林, 大泰司紀之 & 陸厚基 1999
  6. ^ 博士論文書誌データベース
  7. ^ 2010年日本哺乳類学会各賞受賞者”. 2015年2月17日閲覧。

外部リンク[編集]