大沢一治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大澤 一治(おおさわ かずはる、1947年10月2日 - )は、日本政治家八千代市議会議員(1期)。元千葉県議会議員(1期)。元千葉県八千代市長(2期)。

大澤 一治
おおさわ かずはる
生年月日 (1947-10-02) 1947年10月2日(72歳)
出生地 千葉県八千代市
出身校 習志野市立習志野高等学校
現職 八千代市議会議員
所属政党自由民主党→)
無所属

選挙区 八千代市選挙区
当選回数 1回
在任期間 1991年4月30日 - 1995年4月29日

当選回数 2回
在任期間 1995年5月27日 - 2002年12月7日

Flag of Yachiyo, Chiba.svg 八千代市議会議員
当選回数 1回
在任期間 2019年1月15日 - 現職
テンプレートを表示

経歴[編集]

八千代市出身。習志野市立習志野高等学校卒業後[1]、八千代青年会議所理事長を経て、1991年4月、千葉県議会議員選挙に自由民主党公認で立候補し初当選[2]1995年4月、八千代市長選挙に無所属で立候補し初当選。1999年4月には再選されるも、2期目在職中であった2002年11月、八千代市清掃センター運転管理義務契約に絡む収賄容疑で逮捕・起訴され、同年12月7日[3]、辞職した。千葉地裁で懲役2年6ヶ月、追徴金4600万円の有罪判決を受けて控訴するも、2004年2月東京高裁で棄却されて実刑判決が確定、服役した(※テスコ (環境施設)も参照)。

2006年3月に服役を終えた後、2015年4月12日執行の千葉県議会議員選挙に立候補を届け出て、告示日である4月3日に受理された。しかし、公職在職中の収賄罪で刑に処せられた者は、刑の満了から10年間は被選挙権を有しないとする公職選挙法の規定により、投票日時点で立候補資格が無いことが4月7日になって判明したため、立候補は却下された[4]

2018年12月16日投票の八千代市議会議員選挙に無所属で出馬し、当選した[5][6]

脚注[編集]

関連項目[編集]