大江戸ファイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大江戸ファイト
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケード
開発元 ATOP
発売元 カネコ
人数 1~2人
稼働時期 1994年
テンプレートを表示

大江戸ファイト』(おおえどファイト)は、1994年カネコより発売された業務用対戦型格闘ゲームであり、同社の『富士山バスター』の続編とも言えるゲームである。海外名は『Blood Warrior』。

概要[編集]

前作『富士山バスター』から継承された、なんちゃって大江戸的な世界観と怪しいキャラクターを前面に押し出しながらも実写取り込みや残虐な演出など、いわゆる洋ゲーを思わせるような2D格闘ゲームとなった。

開発スタッフの中には『ゲーム批評』でコラムを執筆していたがっぷ獅子丸がいた。

登場ゲームキャラクターのモデルJAC所属のタレントで、ゲームステージは日光江戸村で収録された。

出血が多量にあり、勝利時にボタンを押すことでフェイタリティもできる。設定切り替えにより残虐表現フィルターがかかるが、モザイクのかかる位置が若干ずれている。

キャラクター[編集]

※金四郎・嵐・獅子丸・三平・秀月の5名は『富士山バスター』に引き続き登場して、弁慶と五右衛門はプレイヤーキャラクターに昇格した。

4人のボスがいた前作とは違い、ボスキャラクターは存在せず、全キャラクターに勝った時点でエンディングとなる。

キャラクターカラーは2種類のみで、同キャラクターを選ばない限り2Pカラーは見られない。

関連項目[編集]