大江徹男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大江 徹男(おおえ てつお、1961年4月26日 - )は、日本の経済学者経済学博士明治大学農学部教授。専門は国内外の食料・農畜産物の流通問題。山形県出身。

経歴[編集]

京都大学経済学部卒業、同大学院経済研究科修士課程修了。 同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。

国際協力機構(旧国際協力事業団)、株式会社農林中金総合研究所を経て、2005年より明治大学農学部准教授

2003年 京都大学 経済学博士 論文の題は「アメリカ食肉産業と新世代農協」[1]

著書[編集]

共著[編集]

分担執筆[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース