大橋慶三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おおはし けいぞう
大橋 慶三
生年月日 (1976-03-13) 1976年3月13日(42歳)
出生地 日本の旗 東京都
職業 映画監督、脚本(家)
主な作品
いたずらセクシーボーイ

大橋慶三(おおはし けいぞう、1976年3月13日 - )は、日本小説家映画監督脚本家東京都出身。千葉県浦安市在住。東海大学政治経済学部卒業。

数々の小規模マイナー映画祭で賞を受賞。

来歴[編集]

  • あっ!とおどろく放送局(インターネット放送局)「えん○劇場」に出演していた(2006年6月に放送は終了)。
  • 以前、交際していた女性に結婚を迫られたが、仕事をしていた時期であり結婚するのがいやだったため、中途半端な態度をとっていたら交際関係を破棄される結果となった[1]
  • 2010年3月13日に、かねてから御付合いしていたのりこさんと、2年半の交際を経て、のりこの画策と自身の親の圧力に屈したすえに結婚し、宮古島で挙式をあげたことをファンに報告した[2]
  • 2012年6月25日、「じらしたお詫びはこのバスジャックで」で第14回ボイルドエッグズ新人賞を受賞。処女作となる当該単行本が、産業編集センターより2012年11月30日に発刊されたが、それが唯一の作品となっている。

人物[編集]

  • ポッドキャスト配信番組『こむぞう』で、小宮山雄飛UMUと共にMCを努める。また「シコウヒンTV」では小宮山のアシスタントとしてシカの声、「The Happy Animal House」にてジョン(犬)を演じている。
  • 一児の父であり、長男の名前は「蒼三(そうぞう)」。「こむぞう」内でも度々話題に上り、実際に映像に出てくることがある他、「シコウヒンTV」等でも蒼三が出演している回がある。
  • おばさん顔で、ものいいの吉田、ソバージュのアンパンマン佐藤蛾次郎、ロッテの里崎智也ガイ・リッチー、アフロ時代の笑福亭鶴瓶UMUの母親に間違えられた事もある。
  • 好きなファッションブランドはDj hondaと泥棒日記。この事に関して、こむぞう第2951回(2013/08/01配信)にて、ファッションブランドのDj hondaに対して、クソつまんねー“ジョーク”と表現している。この週のテーマトークは“粋”であったが、野暮なコメントを残している。
  • 愛車(バイク)は、アプリリアのスカラベオ[3]。あまりに聞きなれない名称だったため、小宮山雄飛よりその存在を信じてもらえなかった。

主な作品[編集]

小説[編集]

  • 『じらしたお詫びはこのバスジャックで』(2012年)

映像作品[編集]

  • 『後天性衝動症候群~地球人限定~』(2001年)
  • 『アイアムワン』(2001年)
  • 『親指王子と小指姫』(2006年)
  • 『未来世紀ブタジル』(2006年)
  • 『許可制ブギウギ症候群』(2006年)
  • 『わんこ三銃士』(2006年)
  • 『慶ちゃんの未来の日記』(2007年)
  • 『稲川産二の怖〜い話PART1/PART2』(2007年)
  • 『いたずらセクシーボーイ』(2008年)
  • 『大橋四姉妹物語予告編メイキング』(2008年)
  • 『大橋四姉妹物語予告編』(2008年)
  • 『Wアクセルのアメリカンおせち』(2009年)
  • 『Wアクセルのアメリカン福笑い』(2009年)
  • 『Wアクセルのふしぎ発見』(2009年)

演劇[編集]

  • 『デッド・エクイティ・スワップ』(2009年11月27日~29日)

口述作品[編集]

  • 『アメリカに潰された男』(2010年2月3日)
  • 『雨に砕け散った女』(2010年2月24日)
  • 『浦安のスピーチに初めて演劇を持ち込んだ男』(2011年5月8日)

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ こむぞう2008年11月13日配信 第1230回 ネタぞうより
  2. ^ こむぞう2010年3月13日配信 第1714回 メモリアル記念より
  3. ^ こむぞう2008年9月26日配信 第1181回 本日の慶三っぽいより

外部リンク[編集]