大橋屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大橋屋
営業当時の大橋屋
営業当時の大橋屋
情報
旧用途 旅籠
階数 2
竣工 1715年
所在地 441-0202
愛知県豊川市赤坂町紅里127
座標 北緯34度51分22.86秒 東経137度18分26.47秒 / 北緯34.8563500度 東経137.3073528度 / 34.8563500; 137.3073528座標: 北緯34度51分22.86秒 東経137度18分26.47秒 / 北緯34.8563500度 東経137.3073528度 / 34.8563500; 137.3073528
文化財 豊川市指定建造物
指定・登録等日 1977年3月1日[1]
備考 公式ページ
テンプレートを表示

大橋屋(おおはしや)は、愛知県豊川市赤坂町にあった旅籠2015年3月15日まで営業を行い、旧東海道五十三次の宿場町のうちで最後の[2]旅籠だった。

概要[編集]

正面から見た大橋屋(2012年)
歌川広重東海道五十三次・赤坂宿舎招婦図』

江戸時代東海道赤坂宿[3]の佇まいを今に伝える老舗で、歌川広重の「東海道五十三次・赤坂宿舎招婦図」のモデルになっていた。松尾芭蕉が宿泊し、俳句を詠んだともいわれる。創業は江戸中期とされる。宿中央の屋根の柱に、創業以来中身を見たことがないという米俵がある。2階へは吹き抜けの部屋から手すりのない黒光りの階段を上る。

2015年3月、創業366年目にして、旅籠の歴史に幕を降ろした[2]。同年9月に豊川市に寄贈され、2016年5月より日を限って一般公開されている。豊川市は「今後、耐震補強も含めた保存整備の設計作業や工事を行う」としている[4]

沿革[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 豊川市の指定文化財一覧(平成28年7月26日現在) - 豊川市
  2. ^ a b c 芭蕉も広重も泊まった旅籠、360年の歴史に幕朝日新聞
  3. ^ 江戸時代に制定された江戸から京都までの間の53の宿場のうち、36番目が赤坂宿。
  4. ^ a b c d 旅籠大橋屋の一般公開を行います - 豊川市(2016年5月18日)
  5. ^ 芭蕉や広重も泊まってくれた宿です。やめるのは寂しい日経ビジネス

外部リンク[編集]