大橋太夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大橋太夫(おおはしたゆう)は、京都の島原太夫。 有名なのは2人。一人は江戸時代中頃に活躍した「大橋太夫」。 和歌と書に優れ、特に書は「大橋様」とまで称されたという。 いま一人が本項で述べる太夫(18世紀半ばに活躍した「大橋太夫」)である。

大橋太夫(律)[編集]

18世紀半ばに活躍した「大橋太夫」は近世畸人伝に「遊女大橋」として取り上げられている[1]

太夫としての半生[編集]

前記の太夫にちなんで「大橋」の源氏名を受け継いだ。

生没年は未詳。和歌書画に優れていた。

本名は「律(りつ)」で、「洛西喬木女」と号した[2]。もとは江戸住まいの旗本の娘であった。

何かの事情で父親が浪人となり、京に移り住み、そののち島原に入る。武家の娘としての深い教養が、彼女を当時の島原の名妓の地位に押し上げることとなる。

梅のはな たか袖ふれし にほひぞと 春やむかしの 月にとはばや

のちにある人に身請けされ、退廓。その人物とは死別し、栗原一素と再婚。冷泉家に入門し、和歌を学ぶ。

その後出家し、禅尼・慧林尼となる。

禅僧・白隠慧鶴に導かれる[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 伴蒿蹊 著 近世畸人伝 巻之1-5 48-50頁 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991805
  2. ^ 『コンサイス日本人名辞典 改訂新版』(三省堂、1993年) p249

文献[編集]

  • パトリシア・フィスター『近世の女性画家たち』(思文閣出版、1994年)

外部リンク[編集]