大橋佐平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおはし さへい
大橋 佐平
Ōhashi Sahei.jpg
大橋佐平
生誕 (1836-02-08) 1836年2月8日
越後国古志郡長岡城
(現新潟県長岡市
死没 (1901-11-03) 1901年11月3日(満65歳没)
東京市麹町区上六番町(自邸、現千代田区三番町
墓地 養福寺東京都荒川区
国籍 日本の旗 日本
職業 出版者、実業家
著名な実績 博文館創業
配偶者 大橋松子
子供 大橋新太郎、大橋省吾、大橋乙羽(婿養子)、大橋光吉(婿養子)
渡辺又七、与瀬

大橋 佐平(おおはし さへい、天保6年12月22日1836年2月8日) - 1901年11月3日)は、明治時代の実業家で、博文館創業者。

妻の弟は東京堂創業者の高橋新一郎。三男(長男と次男は早逝)は博文館第2代館主の大橋新太郎、四男は東京堂第2代主人の大橋省吾。長女の婿は博文館支配人で小説家の大橋乙羽、三女の婿は共同印刷創業者の大橋光吉[1][2]

経歴[編集]

  • 天保6年12月22日[3]1836年2月8日) - 越後国古志郡長岡城下(現新潟県長岡市)で生まれる。幼名熊吉。家業の材木商を手伝う
  • 嘉永2年(1849年) - 長岡の飛脚西川屋に従い上京。智積院にいた叔父(母の実弟)法如を訪ね、畿内の寺社を巡拝し、長崎まで旅行し、伊勢から江戸へ出、上州を経て帰郷
  • 安政3年(1856年) - 長岡裏一ノ町に酒店を開き三国屋佐平と称し、藩の御用達となる
  • 万延元年(1860年) - 魚沼郡関の上村新左衛門の長女松子と結婚
  • 元治元年(1864年) - 母の死去にともない、叔父法如(乙宝寺二十世住職鑁順)の真言宗で葬られたいという遺志により、空き戸籍を継ぎ、大橋姓を名乗る
  • 明治元年(1868年) - 北越戦争、佐平は恭順派に属し、官軍との折衝にあたる。
  • 明治2年(1869年) - 越後府御用掛を命じられ、民政所軍事方兼学事方となる
  • 明治4年(1871年) - 小学校新設に尽力。長岡郵便局長となる
  • 1880年 - 同志とはかって「北越新聞」を創刊
  • 1887年 - 上京し、本郷弓町の家を購入し、博文館の看板を掲げ「日本大家論集」を創刊
  • 1888年 - 「日本之殖産」「日本之法律」「日本之時事」「日本之兵事」「日本之警察」などの雑誌を創刊
  • 1890年 - 「日本文学全書」を発刊
  • 1891年 - 「温知叢書」「日本文庫」等を発刊
  • 1892年 - 博文館本社を日本橋区本町三丁目へ移す
  • 1893年 - 「帝国文庫」を発刊。3月より11月までシカゴの世界大博覧会を見学し、欧州を巡歴して帰国
  • 1894年 - 内外通信社を創設。通信事業に進出
大橋佐平の墓(東京都荒川区西日暮里養福寺

人物[編集]

越後長岡の商家に生まれ、幼時より行動力と賢明さをそなえて期待された。また母の薫陶を受けて、仏教の信仰に厚く、僧にすることも親族の間で話し合われたという。

15歳のとき、真言宗の僧籍にある叔父を頼って上京し、九州から江戸を回る大旅行を経験して見聞を広め、長岡藩御用達の家業を守りつつ、幕末激動の時代を過ごした。

北越戦争によって、旧幕時代の体制が崩壊した長岡にあって、早くから新政府の役職を拝命し、学校や交通事業を立ち上げ、長岡の復興につくした。また水運や新聞などの流通・情報事業に将来性を見出し、「北越新聞」や「越佐毎日新聞」を創刊し、出版事業にも進出した。

1886年、上京した佐平は、大衆向けの教養雑誌として「日本大家論集」を発刊した。引き続きさまざまな分野の教養ダイジェスト雑誌を廉価で発刊し、これが多数の読者に受け入れられた。続いて一般向けの教養図書を、さまざまなシリーズ形式で廉価で販売したことにより、博文館の出版事業は急速に拡大した。

博文館の出版事業は、子息大橋新太郎によって継承され、近代的な企業集団として成長し、印刷から販売にいたる出版コンツェルンを形成した。

主な刊行雑誌[編集]

主な出版物・シリーズ物[編集]

  • 『日本文学全書』・『日本歌学全書』(1890年
  • 『温知叢書』・『日本文庫』・『日本歴史読本』・『少年文学』(1891年
  • 『帝国文庫』(1893年

関連文献[編集]

  • 坪谷善四郎『大橋佐平翁伝』 博文館(1932年、1974年に増補改訂版が栗田出版会から刊行)
  • 坪谷善四郎『大橋新太郎伝』 博文館新社(1985年、1937年成稿)
  • 坪谷善四郎『大橋図書館四十年史』 博文館(1942年)
  • 稲川明雄『龍(りょう)の如く~出版王 大橋佐平の生涯』 博文館新社(2005年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 田中治男 『ものがたり・東京堂史――明治・大正・昭和にわたる出版流通の歩み』 東販商事、1975年12月25日、39頁。 
  2. ^ 日外アソシエーツ編 『出版文化人物事典――江戸から近現代・出版人1600人』 日外アソシエーツ2013年6月25日、81-84頁。 
  3. ^ 坪谷善四郎 『大橋佐平翁伝』 栗田出版会、1974年10月15日、15頁。 

関連項目[編集]