大森征之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大森 征之 Football pictogram.svg
名前
カタカナ オオモリ マサユキ
ラテン文字 OMORI Masayuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1976-11-09) 1976年11月9日(44歳)
出身地 埼玉県浦和市(現:さいたま市)
身長 176cm
体重 73kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
埼玉県立大宮東高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995 サンフレッチェ広島 0 (0)
1996 鳥栖フューチャーズ 3 (0)
1997 サガン鳥栖 26 (0)
1998-2008 名古屋グランパスエイト 208 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2009年1月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

大森 征之(おおもり まさゆき、1976年11月9日 - )は、埼玉県浦和市(現:さいたま市)出身の元サッカー選手、実業家。現役時代のポジションはMF[1](特にサイドやボランチ)およびDF(サイドバック、やストッパーなど)。

来歴・人物[編集]

1995年、埼玉県立大宮東高等学校からサンフレッチェ広島に入団[2]。出場機会がないまま1996年に当時JFL所属の鳥栖フューチャーズに移籍、翌1997年にサガン鳥栖へと移る[2]

1998年、名古屋グランパスエイトに移籍。2000年からレギュラーとして定着し、登録はミッドフィールダーながらも多くはセンターバックサイドバックとして出場。ディフェンダーとしては恵まれた体格ではなかったが、優れた戦術眼[3]と粘り強い守備を武器に活躍した。

2004年に右膝前十字靭帯を断裂[2]。その影響で2005年は出場試合数を大きく減らすが、2006年に監督就任したフェルフォーセン体制下で3バックの一角としての地位を確立。試合には出続けたが、怪我の影響により「自分のプレー」ができないジレンマに陥り、選手生活晩年は辞めることばかり考えていた[2]。2007年オフにFC東京への移籍を希望するが[1]正式オファーには発展せず、フロントの説得もあってこれを翻意して残留した[4]。2008年には春季キャンプ中に膝の怪我が限界を迎え[2]、手術・リハビリ等によりシーズン終盤までの長期離脱となった。出場機会のないままチームとの契約を打ち切られ、2009年3月29日に引退が発表された。

なお、現役中の2007年度に早稲田大学人間科学部eスクール(通信教育課程)の特別選抜入学試験に合格していた。引退後はプロテクターなどを製造するイタリアのカンパリ社の代理業を手掛ける企業(株式会社GALTOS)を設立して代表に就任した[5]

2016年6月28日、名古屋グランパスのチーム統括部強化・補強担当に就任することが発表された[6]。その後編成トップの「スポーツダイレクター」に就任し、2017年のJ2降格を経てチームの再建を担った[7]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1995 広島 - J 0 0 - 0 0 0 0
1996 鳥栖F 29 旧JFL 3 0 - 3 0 6 0
1997 鳥栖 13 26 0 5 0 3 0 34 0
1998 名古屋 25 J 7 0 0 0 2 0 9 0
1999 J1 3 0 1 0 1 0 5 0
2000 15 29 0 6 0 2 0 37 0
2001 4 25 0 4 0 1 0 30 0
2002 27 0 6 0 3 0 36 0
2003 29 0 6 0 2 0 37 0
2004 19 0 4 0 2 0 25 0
2005 6 0 0 0 2 0 8 0
2006 32 0 4 0 2 0 38 0
2007 31 0 4 0 1 0 36 0
2008 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 日本 J1 208 0 35 0 18 0 261 0
日本 旧JFL 29 0 5 0 6 0 40 0
総通算 237 0 40 0 24 0 301 0

国際試合

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]