大根晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大根 晃
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 石川県金沢市
生年月日 (1935-07-15) 1935年7月15日(83歳)
身長
体重
173 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1954年
初出場 1954年7月8日
最終出場 1954年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大根 晃(おおね あきら、1935年7月15日 - )は、石川県金沢市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

金沢桜丘高校時代は、高校1年からエースで4番だった。高校3年時には1953年春の甲子園に出場(初戦で、浪華商に0-7で大敗)。夏は県大会準決勝・決勝で2試合連続ノーヒットノーラン達成し優勝したが、北陸大会金沢泉丘高校(その後、本大会に出場)に敗退し、甲子園に行けなかった。この事でプロ入りを決意し、秋に大阪タイガースの入団テストを受けて合格し、入団した[1]

ルーキーイヤーの1954年7月8日洋松戦(大阪スタヂアム)で、プロ入り初登板にして初先発。タイガースの選手において、初の石川県出身者として出場を果たした[2]。しかし、元阪神所属の藤井勇本塁打を打たれるなど、2回でKOされた[1]。落差の大きいドロップを武器に、新日本リーグウエスタン・リーグでは活躍したが、一軍の壁は厚く、結局現役生活では1954年に出場した3試合に留まった。1956年限りで退団。

阪神退団後は、社会人野球の選手として活躍。まず天王寺鉄道管理局に所属し、1958年第29回都市対抗野球大会では2試合で計10回を3安打1失点に抑える好投を見せた。天王寺鉄道管理局時代の監督に、成田啓二(元国鉄投手)がいる。その後、鐘淵化学(鐘化カネカロン)に移籍し、1959年1961年都市対抗野球大会に出場した。この時のチームメイトに、松浦三千男(元大阪。1956年の1年だけチームメイトだった)がいる[3]1962年の大会では山陽特殊製鋼の補強選手として出場し、チームをベスト8に導いた。

2006年に母校・金沢桜丘高校が自身の出場以来、53年ぶりに第78回選抜高等学校野球大会に出場を果たす(21世紀枠として選出)と、甲子園球場のアルプス席に駆けつけて応援する姿が目撃された[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1954 大阪 3 1 1 0 0 0 0 -- -- ---- 15 4.0 3 1 2 -- 1 2 0 0 2 2 4.50 1.25
NPB:1年 3 1 1 0 0 0 0 -- -- ---- 15 4.0 3 1 2 -- 1 2 0 0 2 2 4.50 1.25

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1954 大阪 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:1年 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 0 0 ---- ---- ---- ----

背番号[編集]

  • 36 (1954年 - 1956年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 猛虎人国記(19)~石川県~ 加賀百万石の沈黙破ったテスト生(大根)サヨナラ弾で1面飾った笠間スポニチアネックス2012年3月27日記事。
  2. ^ 石川県出身者のタイガース選手は、横井啓二1951年1953年在籍)が初めて(ちなみに石川県出身者として初のプロ野球選手でもある)だが、一軍未出場のまま引退した。奇しくも、大根とは誕生日が同じ(横井の方が5歳年上)で高校の先輩でもあり、大根の前にタイガースの背番号36を付けていた。
  3. ^ 猛虎人国記(24)~静岡県(上)~背番「1」のサードが放った劇的弾スポニチアネックス2012年3月27日記事。

関連項目[編集]