大根夕佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大根 夕佳(おおね ゆか 本名も同じ、1971年8月4日 - )は1980年代から1990年代にかけて活躍した歌手石川県七尾市出身。血液型はO型。堀越高等学校卒業。

来歴[編集]

幼少の頃から金沢市にある、乙田修三歌謡教室に通い、のど自慢荒らしとして知られていた。中学1年生の頃、単身で上京し、1985年4月21日、「霧雨のダイアリー」で歌手デビュー。1988年4月21日発売の「花嫁橋」より、芸名を松音ゆかりに改名し、演歌歌手として再デビューを図った。

人物[編集]

  • デビュー当時の身長は143センチ、体重は33キロという非常に小柄な人物で、歴代アイドルの中でもその小ささは屈指である。
  • 本名の大根はよく「ダイコン」と呼び間違えられていた。名前の奇抜さも歴代アイドルの中では屈指と言えるであろう。
  • また歌唱力も高く、高音のよく澄んだ歌声であった。後の演歌歌手転身は本人の当初からの希望であったと言う。
  • 好きな歌手はイルカ、趣味はピアノ写真を撮ること・ぬいぐるみ集めである。

音楽[編集]

シングル[編集]

  1. 霧雨のダイアリー(1985年4月21日)
    • 霧雨のダイアリー - 作詞:ちあき哲也、作曲:和泉常寛
    • 潮風のひと - 作詞:ちあき哲也、作曲:和泉常寛
  2. 話し中(1985年8月1日)
  3. ふ・りょ・う(1986年1月21日)
  4. 花嫁橋(1988年4月21日)
  5. 恋港(1989年1月21日)
  6. 江差恋唄(1992年10月21日)
    • 江差恋唄 - 作詞:里村龍一、作曲:猪俣公章
    • 女の時代 - 作詞:里村龍一、作曲:猪俣公章

全曲バップから発売。

関連項目[編集]