大東和美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大東 和美
個人情報
誕生日 (1948-10-22) 1948年10月22日(69歳)
出身地 兵庫県神戸市
大学 早稲田大学
ラグビーユニオン経歴
選手としての経歴
ポジション フッカー
アマチュアクラブ
クラブ / チーム
1952-1955 早稲田大学
国代表チーム
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
1972-19xx  日本 6
コーチ歴
クラブ / チーム
1976 早稲田大学

大東 和美(おおひがし かずみ、男性1948年10月22日 - )は、兵庫県神戸市出身の元ラグビー日本代表選手、ラグビー指導者および経営者独立行政法人日本スポーツ振興センター理事長。第4代Jリーグチェアマン日本サッカー協会副会長などを歴任した。

プロフィール[編集]

来歴[編集]

報徳学園高校から早稲田大学へ進学。学生時代は一貫してラグビー部に所属して、早稲田大学ラグビー蹴球部ではフッカーを務めた。1970年度に主将として大学選手権で優勝し、さらに新日鐵釜石に勝利して日本選手権を制覇している。

大学卒業後はラグビー部を持たない住友金属工業(現・新日鐵住金)に勤務しながらも、1972年には日本代表に選出されヨーロッパ遠征に参加するなど、テストマッチに計6試合出場した記録を持つ(キャップ6)。1976年度には、1年間母校の早稲田大学ラグビー部監督を務め、関東大学ラグビー対抗戦グループと大学選手権で優勝している。住友金属では主に営業畑を歩み、九州支社長等を務めた後、2005年Jリーグ鹿島アントラーズ専務取締役に就任。翌2006年に鹿島アントラーズ代表取締役社長に就任した。鹿島アントラーズ社長としては、2009年商船三井を新規スポンサーに獲得した。

サッカークラブの経営に携わった一方でラグビー界との繋がりも切れることはなく、日本ラグビーフットボール協会評議員と母校である報徳学園高校ラグビー部のアドバイザーを務めている[1]

2010年7月より、退任する鬼武健二の後任として、Jリーグチェアマンに選任され、日本サッカー協会副会長にも就任した。鹿島アントラーズ社長を務めたチェアマンは2代目の鈴木昌に次いで2人目となった。2014年2月、チェアマンを退任。

2015年10月より、日本スポーツ振興センター理事長に就任。

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 報徳学園ラグビー部OB会スタッフ 報徳学園ラグビー部OB会ホームページ

関連項目[編集]