大村貞蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大村 貞蔵(おおむら さだぞう、明治3年(1870年7月 - 没年不明)は日本実業家政治家旧姓は勝部。島根県平民[1]島根県多額納税者[2]。町会議員[3]。平田銀行取締役[1]。松江銀行監査役[1]松江銀行常務取締役[2]農業[2]

六女真佐子は坂口合名会社・代表社員会長2代目坂口平兵衛の妻。坂口合名会社・代表社員会長3代目坂口平兵衛は孫。坂口合名会社・代表社員社長坂口清太郎山陰放送社長坂口吉平曾孫


経歴[編集]

島根県人・勝部仙太郎の九男[2]。先代キチの養子となる[2]明治29年(1896年家督相続する[2]

松江中学中央大学に学ぶ[3]農業を営む[2]

地方自治および産業振興に尽くした[3]

家族・親族[編集]

大村家[編集]

島根県簸川郡大社町[2](現出雲市))
2代目坂口平兵衛と六女真佐子
昭和2年3月)
当家は千家国造家と縁故深く杵築町に於ける旧家である[2]
  • 養母・キチ(島根、勝部繁左衛門長女[2]
安政5年(1858年)4月生[2] - 没
  • 妻・セン[2](養父喜十郎長女[2]
明治7年(1874年)10月生[2] - 没
明治25年(1892年)7月生[2] - 没
  • 長女・幸子[2]
明治27年(1894年)7月生[2] - 没
明治29年(1896年)11月生[2] - 没
  • 四女・淑子[2]
明治35年(1902年)3月生[2] - 没
  • 三男・泰吉(桜井千代子の入夫となる[2]
明治36年(1903年)12月生- 平成3年(1991年)3月没
明治39年(1906年)1月生[2] - 没
明治41年(1908年)6月生[2] - 没

                         

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『人事興信録. 7版』(大正14)を一〇〇
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 『人事興信録. 11版』(昭和12年)上オ二〇六
  3. ^ a b c 『新日本人物大観』(島根県版) 人事調査通信社 昭和32年(1957年) オ…34頁