大村義雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大村 義雄(おおむら よしお、明治25年(1892年)7月24日 - )は日本実業家

経歴[編集]

貞蔵長男[1]

大正9年(1920年東大経済学部卒[1]

人権擁護委員出雲大社神社総代を歴任[1]

八田工業(株)取締役会長、出雲造船(株)取締役[1]

人物[編集]

宗教神道[1]。住所は島根県簸川郡大社町[1](現出雲市)。

家族・親族[編集]

大村家[編集]

島根県簸川郡大社町(現出雲市))
当家は千家国造家と縁故深く杵築町に於ける旧家である[2]
明治3年(1870年7月 - 没
坂口平兵衛 (2代)と妹・真佐子
昭和2年3月)
  • 弟・泰吉(桜井千代子の入夫となる[2]、のち桜井三郎右衛門)
明治36年(1903年)12月生- 平成3年(1991年)3月没
富寿子(島根県平田市、実業家・政治家木佐徳之助の妻)
真佐子(鳥取県米子市、実業家・政治家坂口平兵衛 (2代)の妻)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『新日本人物大観』(島根県版) 人事調査通信社 1957年 オ…91頁
  2. ^ a b c d 『人事興信録. 11版』(昭和12年)上オ二〇六
  3. ^ 『人事興信録. 7版』(大正14)を一〇〇