大村純雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大村純雄

大村 純雄(おおむら すみお、嘉永4年4月27日1851年5月27日) - 1934年(昭和9年)8月18日)は、明治時代から昭和時代初期の華族

佐土原藩島津忠寛の次男。幼名は武郎。初名は久風。子爵のちに伯爵。兄に島津忠亮、弟に西南戦争薩軍側につき早世した島津啓次郎がいる。大村武純大村藩11代藩主大村純顕三男)の長男大村純英を養子とした。 

経歴[編集]

島津又十郎家(佐土原2代藩主島津忠興の三男島津久遐が始祖の家)を継ぐが、のちに実家に帰る。1869年(明治2年)薩摩藩藩費留学生として兄や弟らとアメリカのハーバード大学に留学する。1876年6月、旧大村藩大村純煕の婿養子となる。1882年、養父純煕の死去により、家督を相続する。1888年、式部官に就任する。1890年(明治23年)貴族院議員に選ばれる。1891年4月23日、養父純煕の戊辰戦争での功績により、伯爵となる。1907年(明治40年)横山寅一郎とともに大村湾水産養殖所(真珠養殖場)を開設した。

栄典[編集]

系図[編集]

島津斉宣
薩摩藩主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
島津斉興
薩摩藩主
 
 
 
 
 
島津忠公
 
大村純昌22
大村藩主
 
 
 
 
 
 
 
随姫
 
島津忠徹
佐土原藩主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
島津斉彬
薩摩藩主
 
島津久光
 
千百子
 
大村純顕23
大村藩主
 
大村純熈24
大村藩主
 
 
 
 
 
島津忠寛
佐土原藩主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
典子
 
島津珍彦
男爵
 
島津忠義
薩摩藩主
 
大村武純
(分家)男爵
 
憲子
 
大村純雄25
伯爵
 
島津忠亮
伯爵
 
島津啓次郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
島津壮之助
男爵
 
 
 
大村純久
(分家)男爵
 
常子
 
大村純英26
伯爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

※数字は大村家宗家当主の代数

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第5089号「叙任及辞令」1900年6月21日。
  2. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


日本の爵位
先代:
(陞爵)
伯爵
彼杵大村家初代
1891年 - 1927年
次代:
大村純英
先代:
叙爵
子爵
(彼杵)大村家初代
1884年 - 1891年
次代:
(陞爵)