大村純尹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
大村 純尹
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文4年3月21日1664年4月17日
死没 正徳2年10月14日1712年11月12日
改名 源之助・数馬(幼名)、純尹
戒名 徳山日広寛長院
墓所 東京都港区高輪の承教寺
東京都大田区池上本門寺
官位 従五位下、筑後
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣
肥前国大村藩
氏族 大村氏
父母 父:大村純長、母:有馬康純の娘・亀
兄弟 姉(生駒親興室)、純真純尹大田原清勝、妹(福田長兼室)、大村純庸西郷寿員、五郎八、妹(久世広隆室)、妹(堀秀行室)
正室織田信久の娘・
亀次郎、源之助、娘(大田原清在室)
養子:純庸

大村 純尹(おおむら すみまさ)は、肥前大村藩の第5代藩主

生涯[編集]

寛文4年(1664年)3月21日、第4代主・大村純長次男として江戸藩邸で生まれる。純真廃嫡により、元禄2年(1689年)4月26日に世子に指名され、12月27日に従五位下・筑後守に叙位任官される。宝永3年(1706年)、父の死去により家督を継いだ。このとき、弟の純庸に3000石を分与している。

藩財政窮乏のため、家臣団のリストラを行なった。しかし幕府の手伝い普請、軍役、参勤交代による出費で財政的にはさらに苦しんだ。このため新田開発や年貢増徴を行なうなどしたが、凶作や捕鯨業の不振などもあって、借金を何度も行なっている。しかし、あまりに借金を何度も行なったため、遂には商人から拒絶されたこともあるといわれる。

正徳2年(1712年)10月14日に死去した。享年49。実子は全て早世したため、異母弟で養子純庸が跡を継いだ。