大村浩子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大村 浩子(おおむら ひろこ、1960年 - )は、フランス語翻訳家津田塾大学国際関係学科卒業。パリ第4大学文明講座・外国人フランス語中級コース修了。民法学者の大村敦志の妻であり、夫婦共同の訳書や著書も出している。

著書[編集]

共著[編集]

  • 『ある日,あなたが陪審員になったら…―フランス重罪院のしくみ』(信山社出版、2006/01)

共訳書[編集]

  • C´eline Braconnier, Sylvia Bataille 『若草の市民たち〈1〉仲間たちとともに』(信山社出版、2003/06)
  • C´eline Braconnier, Sylvia Bataille 『若草の市民たち〈2〉仕組みをつくる』(信山社出版、2003/06)
  • Edouard Pflimlin、Sylvia Bataille『若草の市民たち〈3〉私たちのヨーロッパ』(信山社出版、2004/05)
  • Marianne Schulz、Sylvia Bataille『若草の市民たち〈4〉さまざまな家族』(信山社出版、2004/05)