大杉神社 (ふじみ野市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大杉神社
OsugiJinja2004.jpg
神社と新河岸川
所在地 埼玉県ふじみ野市福岡新田
位置 北緯35度52分39.7秒
東経139度32分29.9秒
主祭神 大物主大神
創建 明治11年 (1878年)
例祭 9月27日
テンプレートを表示

大杉神社(おおすぎじんじゃ)は、埼玉県ふじみ野市中福岡にある小さな神社である。1878年明治11年)に建てられた。本社は茨城県稲敷市にある大杉神社で、祭神は大物主大神である。

歴史[編集]

新河岸川の舟運に従事した人々が、船の安全を願って明治11年 (1878年) に建立した。以後、川を上り下りする船頭の信仰を集めた。船頭は毎年二人を選んで本社に送り、船中安全のお札をもらう慣わしであった。

立地と建造物[編集]

神社は新河岸川の西岸に位置し、道ではなく川を向いている。鳥居も川面に向いてうつむくように少し傾いている。かつては新河岸川を通行する人が、船上から神社に賽銭を投げて安全を祈ったという。鳥居には「大杉宮」と記された額がある。

神社が祀られる前から、この場所には船中安全・村中安穏を祈願する人がいた。小さな境内の裏側には、文政9年 (1826年) に建てられた石碑があり、大杉宮、船玉宮、水天宮の三社大明神を鎮座たてまつる旨が記されている。

祭礼[編集]

祭礼は9月27日。大正時代までは船神楽、芝居が行なわれて賑わった。