大木貴将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大木 貴将
千葉ロッテマリーンズ #68
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県君津市[1]
生年月日 (1991-11-22) 1991年11月22日(27歳)
身長
体重
174 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手外野手
プロ入り NPB / 2015年 育成選手ドラフト1位
初出場 NPB / 2017年9月21日
年俸 455万円(2019年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大木 貴将(おおき たかまさ、1991年11月22日 - )は、千葉県君津市出身[1]プロ野球選手内野手)。右投左打。千葉ロッテマリーンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

拓大紅陵高では3年生の夏の第91回選手権大会千葉大会での準優勝が最高成績で、全国大会出場経験は無い[3]。1歳下の後輩に加藤貴之がいる。

高校卒業後、日本大学に進学し硬式野球部に入部したが、2年時に当時の監督と折り合わなかったことを理由に退部し大学も中退した[4]

1年のブランクを経て、2012年12月9日に行われた四国アイランドリーグplusの2013年度ドラフト会議により香川オリーブガイナーズに入団した[5]

独立リーグ時代[編集]

2013年には32試合に出場。2014年は主に外野手として公式戦に出場し、シーズン終盤は1番・中堅手に定着、2015年右翼手二塁手を務めた[6]。この年、8月の月間打率が.356の成績で、月間MVPを受賞した。シーズン通算では68試合に出場し、打率.327、盗塁数43で首位打者と最多盗塁のタイトルを受賞した[7]。「首位打者と最多盗塁」の二冠はリーグ史上初で、43盗塁はシーズン80試合だった2009年に笠井要一が作ったチーム記録(41)を68試合で更新したものである[8]

2015年10月22日に行われたプロ野球ドラフト会議千葉ロッテマリーンズから育成ドラフト1巡目で指名され[1]、支度金300万円、年俸300万円(金額は推定)の条件で入団[9]、背番号は121となった[10]

ロッテ時代[編集]

2016年、1月7日に神奈川県在住の女性と結婚し、入籍した[11]。7月29日に同期入団の柿沼友哉と共に支配下選手登録され、同時に背番号が68に変更された[12]。イースタン・リーグ公式戦には二塁手、遊撃手、外野手などで出場し、チーム最多の16盗塁を記録した[13]

2017年、9月21日に出場選手登録され[14]、同日の対埼玉西武ライオンズ戦において8回表に代走でプロ初出場し、9回表に迎えた初打席では二塁手への直飛球で凡退した[15][16]。9月29日の対オリックス・バファローズ戦では9番・三塁手でプロ初先発出場し、3回裏の第1打席で初安打(中前安打)を放ち、直後に初盗塁(二盗)を記録した[17][18]

2019年は一軍出場の機会がなかった。レギュラーシーズン終了後の10月3日に球団より来季の契約を結ばないと通告された[19]

選手としての特徴[編集]

50メートル走のタイムは5秒8を記録し[20]、打席から一塁までは4秒を切る(共にロッテ入団時)[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 ロッテ 9 13 13 3 2 0 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 2 0 .154 .154 .154 .308
2018 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- .--- .--- .---
NPB:2年 10 13 13 3 2 0 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 2 0 .154 .154 .154 .308
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

独立リーグでの打撃成績[編集]









































2013 香川 32 43 40 8 8 0 2 0 2 2 0 0 3 0 10 .200 .256 .300
2014 63 142 131 23 32 0 3 0 9 18 1 0 9 1 25 .244 .298 .290
2015 68 273 248 34 81 6 4 0 12 43 3 1 21 0 23 .327 .378 .383
通算:3年 163 458 419 65 121 6 9 0 23 63 4 1 33 1 58 .289 .341 .346
  • 各年度の太字はリーグ最高

独立リーグでの表彰[編集]

表彰
  • 首位打者:1回 (2015年)
  • 最多盗塁:1回 (2015年)
  • 月間MVP:1回 (2015年8月)

背番号[編集]

  • 4 (2013年 - 2015年)
  • 121 (2016年 - 同年7月28日)
  • 68 (2016年7月29日 - 2019年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 2015年育成ドラフト会議全指名選手 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト 2015年10月22日配信
  2. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2018年12月27日閲覧。
  3. ^ 『別冊宝島 プロ野球選手データ名鑑2016』(ISBN 978-4-8002-5039-1) 宝島社発行 54頁
  4. ^ 地元での躍動目指して 千葉ロッテ・育成1位大木(拓大紅陵高卒) 千葉日報オンライン 2015年12月6日配信
  5. ^ ニュース 2012年 (四国アイランドリーグplusドラフト指名選手入団内定のお知らせ 2012年12月13日) 香川オリーブガイナーズ
  6. ^ 『週刊ベースボール 2015年10月5日号(No.49)』 ベースボール・マガジン社発行 32頁
  7. ^ ニュース 2015年 (2015年8月度月間MVP受賞選手の発表 2015年9月10日)、(四国アイランドリーグplus2015個人タイトル確定 2015年9月18日)香川オリーブガイナーズ
  8. ^ 四国アイランドリーグplus後期リーグ戦終了。香川オリーブガイナーズは打撃部門のタイトル独占! - 4SPO(2015年9月18日)
  9. ^ ロッテ育成ドラ1大木と契約「足でアピールしたい」 日刊スポーツ 2015年11月17日配信
  10. ^ 新入団選手発表会を開催!! 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト 2015年12月2日配信
  11. ^ ロッテ育成1位大木が結婚「早く支配下選手になる」 日刊スポーツ 2016年1月7日配信
  12. ^ 支配下選手登録について 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト 2016年7月29日配信
  13. ^ 2016年度 千葉ロッテマリーンズ 個人守備成績(イースタン・リーグ)個人打撃成績(イースタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  14. ^ 2017年9月公示 出場選手登録・抹消 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト
  15. ^ 2017年9月21日(木)千葉ロッテ vs 埼玉西武 成績詳細(出場選手成績) 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト
  16. ^ プロ初出場をした大木選手。「勝利に貢献できて最高でした!」と笑顔です。(広報) Twitter 千葉ロッテマリーンズ公式アカウント 2017年9月21日
  17. ^ ロッテの大木 プロ初スタメンで初安打&初盗塁! スポニチ Sponichi Annex 2017年9月29日掲載
  18. ^ 2017年9月29日(金)千葉ロッテ vs オリックス 成績詳細(出場選手成績) 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト
  19. ^ 関谷投手・大嶺祐投手・島投手・阿部投手・髙濱選手・李杜軒選手・大木選手・伊志嶺選手の来季契約について - 千葉ロッテマリーンズ(2019年10月3日)
  20. ^ ロッテ育成ドラ1大木 婚姻届提出「養っていけるように頑張る」 スポニチ Sponichi Annex 2016年1月7日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]