大朝鮮帝国史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大朝鮮帝国史
各種表記
ハングル 대쥬신제국사
漢字 大朝鮮帝國史
発音 デジュシンジェククサ
日本語読み: だいちょうせんていこくし
テンプレートを表示

大朝鮮帝国史』(だいちょうせんていこくし)とは、朝鮮民族の数千年に及ぶ歴史を著した民族物語絵巻と称する韓国漫画。全体的に荒唐無稽な内容である。1994年に3巻セットが韓国で出版され、1995年に第4巻と第5巻が出版された。著者は金珊瑚(キム・サノ)。1994年韓国漫画大賞出版賞受賞。[1]

概要[編集]

かつて南北5万里、東西2万里の広大な領土を誇った大ジュシン(대쥬신、大朝鮮)帝国(朝鮮にして南北2万km、東西8000km。南北と東西を入れ替えればユーラシア大陸への収まりが良い。桓国も参照)が、戦争に勝利しながらもいつの間にか領土を失い、朝鮮半島のみを支配領土とする李氏朝鮮へと至るまでの朝鮮民族の歴史を活写した壮大な歴史物語絵巻。古代の部分は20世紀に朝鮮半島で作られた偽書の『桓檀古記』をネタ元としている。

『大朝鮮帝国史』といっても、実在した大韓帝国の歴史ではなく、朝鮮民族が東アジアを支配し統治していたという誤った歴史を扱っており、「究極のトンデモ本」と評されている[2]

野平俊水は「『大朝鮮帝国史』の内容はまったくの偽史であり、歴史歪曲」である[3]として、以下のように述べている:

時代考証も滅茶苦茶で、日本を記述した部分では飛鳥時代なのに戦国時代の武士が「鳥取」と書いた幟(のぼり)を立てて戦っている図があるかと思うと、舒明天皇蘇我入鹿(そがのいるか)が平安時代の狩り衣装で侍烏帽子(さむらいえぼし)をかぶっていたりする。常識的に考えれば、イイ大人がこんないい加減な歴史書に共感することはあり得ないように思える。 — 野平俊水、野平(2002), p. 207

大朝鮮帝国史の内容[編集]

第1巻[編集]

第2巻[編集]

第3巻[編集]

  • 古莫那羅百済」の混乱に乗じて、新羅が日本国内の政治に介入した。これが大化の改新である。
  • 高句麗の滅亡により、多くの歴史書が失われた。

第4巻[編集]

第5巻[編集]

「チュシン」[編集]

朝鮮の歴史を民族史観から再照射した李氏朝鮮後期~日本統治時代の朝鮮の歴史学者申采浩1880年 - 1936年)は、『朝鮮上古史』で、乾隆帝の勅命で編纂された『欽定満州源流考』には「朝鮮(チョソン)」の語源は「静かな朝の国」ではなく元々は「珠申(チュシン)」で、その意味は珠申の所属する管境であり、管境の意味は倍逹民族が住んでいる全世界であり、珠申から粛慎、朝鮮が出たと主張した[4]。また、『欽定満州源流考』は夫余や三韓はおろか、百済や新羅までも女真族の歴史に組み入れている。

「チュシンの王」という表現は韓国ドラマ『太王四神記』においても用いられている。

書誌情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 김낙호 (2005年10月1日). “만화로 상 받으면 어디에 쓰나: 만화상에 대한 제언” ((朝鮮語)). 디지털만화규장각(デジタル漫画奎章閣)만화Zine스페셜(漫画Zineスペシャル) (韓国漫画映像振興院). http://www.komacon.kr/dmk/manhwazine/zine_view.asp?CateCode=3300001&Seq=488 2014年5月22日閲覧。 
  2. ^ 中宮崇中岡龍馬大月隆寛野村旗守宮島理他 『嫌韓流の真実! 場外乱闘編』 宝島社別冊宝島〉、2006年2月26日、82頁。ISBN 4-7966-5127-6
  3. ^ 野平(2002), p. 206
  4. ^ (朝鮮語) 中이 경계하는 책 ‘흠정만주원류고’의 메시지는…東亜日報、2009年1月25日

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]