大月拡幅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般国道

国道293号標識

大月拡幅
国道293号道路拡幅事業
路線延長 2.1km
道路の方角 東西
起点 栃木県足利市樺崎町
終点 栃木県足利市大月町
接続する
主な道路
記法
北関東自動車道足利IC
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

大月拡幅(おおつきかくふく)は栃木県足利市内を通り、北関東自動車道足利IC接続道路を含む国道293号の現道拡幅事業である。


現道区間は朝夕の通勤時間帯には渋滞が発生しており、北関東自動車道足利ICの供用により、更なる交通渋滞が予測される。北関東自動車道へのアクセスと円滑な交通を確保するとともに、足利市における観光、産業及び地域振興に貢献し、より安全で快適な道路整備の実現を目的としている。

当初は足利IC供用開始までに全区間の整備を終えて供用開始する予定だったが、用地取得の遅れにより現在も一部区間で工事が続いている。

路線データ[編集]

  • 起点:栃木県足利市樺崎町
  • 終点:栃木県足利市大月町
  • 総距離:2.1km
  • 車線数:4車線
  • 幅員:25m
  • 全体事業費:59.6億円

沿革[編集]

  • 1991年2月:都市計画決定
  • 1996年度:事業化、用地着手
  • 2004年度:工事着手
  • 2011年3月:北関東自動車道足利IC供用開始、起点-大月小学校間が4車線供用開始

接続するおもな道路[編集]

沿線施設[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]