大智院 (知多市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大智院
山門
所在地 愛知県知多市南粕谷本町1-196
位置 北緯34度56分24.74秒
東経136度50分36.44秒
座標: 北緯34度56分24.74秒 東経136度50分36.44秒
山号 金照山
楊柳山
院号 大智院
宗旨 新義真言宗
宗派 真言宗智山派
本尊 聖観世音菩薩
開基 聖徳太子
正式名 金照山清水寺大智院
別称 身代大師、眼鏡弘法
札所等 知多四国八十八ヶ所霊場71番
尾張三十三観音霊場10番
東海三十六不動尊霊場22番
知多西国三十三所霊場18番
文化財 地蔵菩薩立像(知多市文化財)
公式HP めがね弘法大智院
地図
大智院 (知多市)の位置(日本内)
大智院 (知多市)
大智院 (知多市)の位置(愛知県内)
大智院 (知多市)
法人番号 1180005012699
テンプレートを表示

大智院(だいちいん)は、愛知県知多市南粕谷本町にある真言宗智山派寺院山号は金照山(きんしょうざん)。本尊は聖観世音菩薩。

大樟

境内の西側に八百比丘尼が植えたとされる樹齢千年余りの大樟(知多市指定保存樹木)がそびえるほか、眼鏡をかけた弘法大師像「身代大師」(めがね弘法)がある。

歴史[編集]

聖徳太子によって開基された真言宗智山派の寺院で、本尊である聖観世音菩薩と前立の馬頭観世音菩薩も、聖徳太子の御作と伝えられている。当初は山号を「楊柳山」と称していたが、兵火にかかることを免れたことから、元禄5年に現在の山号に改めている。

身代大師[編集]

弘法大師が知多巡錫のみぎりに大智院に残した自らの尊像。安政年間に盲目の老人が祈願したところ、験を蒙ったという。老人の目が癒えるのとひきかえに身代大師の左目が傷ついたが、それ以来老人が残していった眼鏡が像にかけられ、「めがね弘法」と呼ばれるようになった。

文化財[編集]

  • 木造地蔵菩薩立像(知多市指定文化財) 観音堂に安置
  • 釈迦十六善神像(知多市指定文化財) 室町時代の作

交通機関[編集]

参考文献[編集]

  • 知多四国八十八所遍路(知多四国霊場会編、冨永航平著、朱鷺書房)ISBN 4-88602-320-7
  • 知多四国めぐり(知多四国霊場会編、半田中央印刷株式会社)

外部リンク[編集]