大易輸入法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大易輸入法
Dayi-method.svg
各種表記
繁体字 大易輸入法
簡体字 大易输入法
拼音 Dàyì Shùrùfă
注音符号 ㄉㄚˋ |ˋ ㄕㄨ ㄖㄨˋ ㄈㄚˇ
発音: ダーイー シュルーファ
テンプレートを表示

大易輸入法(だいい-ゆにゅうほう)は台湾王賛傑が7年の開発期間を経て発表したコンピュータでの繁体字中国語入力法。

大易輸入法は倉頡輸入法とは異なる46字根(漢字を分解したときの要素)を使用する。Windowsなど多くのコンピューターに繁体字中国語入力法として装備されている。 繁体字中国語圏のキーボードの多くには通例右下に大易字根が表示されているが、利用者は注音・倉頡・速成に比べて多くないため、大易字根の表示を持たないキーボードも増えてきている。 字根に46キーを割り当て、数字キーも使用するため、数字の入力に手間がかかり、テンキーが附属していないラップトップパソコンなどでは非常に使い勝手が悪いとの評価を得ている。

大易コードのキーボード

参考資料[編集]