大文字焼き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
箱根大文字焼き

大文字焼き(だいもんじやき)とは、「大」の字を象った文字を松明の炎で描く行事の俗称である。いわゆるお盆(旧暦の7月15日頃)の時期に彼岸へ祖先の霊を送る送り火として行うことが多い。ただし、その代表格である京都の五山送り火(ござんのおくりび)においては、「大文字焼き」という呼称は用いられない[1]

行事が行われる地域[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「京都には『大文字焼き』なんてありません」岩上 力『京のあたりまえ』光村推古書院、2000年、120頁。
  2. ^ 正式には「大文字送り火」である(奈良市観光協会『奈良大文字送り火』)
  3. ^ 平泉大文字送り火