大成女子高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大成女子高等学校
Taisei girl's highschool.jpg
過去の名称 大成裁縫女学校
水戸市大成女学校
大成高等女学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人大成学園
理念 社会で役立つ女性の育成
校訓 誠実・協和・勤勉
設立年月日 1909年4月3日
創立者 額賀三郎・キヨ夫妻
共学・別学 男女別学女子校
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
家政科
看護科(5年一貫教育)
専攻科 看護科(5年一貫教育)
高校コード 08504K
所在地 310-0063
茨城県水戸市五軒町三丁目2番61号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大成女子高等学校(たいせいじょしこうとうがっこう)は、茨城県水戸市五軒町三丁目にある私立女子高等学校。現存する県内最古の私立高等学校。通称「大成」(たいせい)。経営は学校法人大成学園。

バレー部は、県内屈指の強豪で春高バレーインターハイの常連である。

姉妹校である茨城女子短期大学には優先的に進学できる。

沿革[編集]

  • 1907年明治40年) - 裁縫塾開設
  • 1909年(明治42年) - 大成裁縫女学校と改称、茨城県下初の私立女学校として開学
  • 1919年大正8年) - 大成裁縫女学校を水戸市大成女学校と改称
  • 1969年昭和44年) - 衛生看護科設置
  • 1999年平成11年) - 創立90周年記念式典挙行
  • 2002年(平成14年) - 看護科設置(5年一貫教育)

アクセス[編集]

路線バス
徒歩

主な出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]