大慶油田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大慶油田(たいけいゆでん、ターチンゆでん)とは、中国東北部黒竜江省に存在する油田である。命名は地名からではなく、油田が建国10周年の節目で発見されたことに因む。

100km四方に広がる中国屈指の大油田であり、油田の開発は、第二次世界大戦後輸入に頼っていた中国の石油事情を一変させた。2000年前後から原油生産は減退傾向にあり、天然ガスの生産にシフトしつつある。

歴史[編集]

  • 1959年 原油が確認される
  • 1960年1963年 掘削開始
  • 1963年 生産開始
  • 1997年 原油生産量として過去最大の5600万トンを記録
  • 1999年 採算部門を集約した株式会社中国石油天然気(中国石油)と非採算分野の国有会社中国石油天然気集団公司に分離
  • 2002年 大規模なデモの発生
  • 2003年 対日輸出終了
  • 2004年 天然ガス噴出事故の発生
  • 2005年から2007年 生産減退をカバーするための新たな鉱区(油田、ガス田)を探索した結果、原油1億トン、天然ガスが1000億立方メートルを発見したと報道されるが、事業化できるかどうかは定かではない。

キーワードとしての大慶油田[編集]

1960年代の開発時には、多数の労働者人海戦術で投入。他国(少なくともアメリカ合衆国)の技術を用いずに施設を完成させたとして、労働者の模範的職場として賞賛され、「工業では大慶に学べ」というスローガンが生まれた。近代的な工業施設の象徴として、1970年代~1990年代の日本地理教科書にも掲載されていたが、中国のWTO加入により国際的な価格競争にさらされ、1990年代以降は著しい合理化が進められた。この結果、労働者の大量リストラレイオフが発生。中国では珍しい退職者も含めた大規模デモが発生した。また、大規模な天然ガス噴出事故に伴う労働災害が発生するなど、中国における労働者事情を語る上で、未だ頻出するキーワードの一つとなっている。

生産の減退[編集]

中国の原油生産を一手に担い大量生産を続けてきたが、2000年前後には採掘される原油に占める含水率が9割前後に達したと伝えられなど、生産量は後退期に差し掛かっている(2007年の原油生産量は4170万トン。天然ガス生産量は25.5億立方メートル)。また、廃水処理に伴う環境対策などコスト増が無視できない状況になっている。2004年からの世界的な原油価格高騰により、こうしたコスト回収には一定の目途がつくものと考えられるが、中国奥地の油田開発が進むこともあり、かつてのような偏重的な生産は行われないものと考えられる。

デモ[編集]

2002年3月 リストラやレイオフ、退職(失業)者に対する保険料率の見直しに端を発する抗議デモが発生。2万人規模に達した。

天然ガス噴出事故[編集]

  • 2003年12月23日硫化水素を含む天然ガスの噴出事故が発生。従業員・地域住民243人が死亡。また、周辺住民10万人が一時避難する騒ぎとなった。