大川原高原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大川原高原から東北東の眺望
地図

大川原高原(おおかわらこうげん)は、徳島県名東郡佐那河内村上大川原に位置する高原である。面積120ha。四国八十八景16番、とくしま88景に選定。

地理[編集]

旭ヶ丸山頂(標高1,019m)から東になだらかに広がる高原。紀伊水道徳島平野阿讃山脈など360度の眺望が楽しめる。

標高900m付近では、7月上旬から下旬にかけて、約3万本の紫陽花が咲く。

村営(佐那河内村)の放牧場(5月から9月)や大川原生活環境保全林(森林浴の森100選、佐那河内村から勝浦郡上勝町)である約5haのアワミツバツツジカタクリ(4月下旬)の群生地がある。

大型集合風力発電施設・大川原ウインドファーム2007年より建設されており、高さ60mの風車15基が2008年に完成した。

交通[編集]

バス
  • 徳島バス佐那河内線「中辺」下車、徒歩180分。
自動車

関連項目[編集]

座標: 北緯33度57分16.34秒 東経134度24分44.38秒