大崎清夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大崎清夏
誕生 (1982-08-13) 1982年8月13日(38歳)
神奈川県
言語 日本語
国籍 Flag of Japan.svg日本
教育 学士(文学)
最終学歴 早稲田大学 第一文学部 文芸専修卒業
ジャンル
代表作 詩集『指差すことができない』(2013年)
主な受賞歴 中原中也賞
活動期間 2011年 -
公式サイト https://osakisayaka.com/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

大崎 清夏(おおさき さやか、1982年[1] - )は日本詩人神奈川県相模原市出身。早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。

経歴[編集]

2011年に「ユリイカ」投稿欄の年間最優秀者に与えられる「ユリイカの新人」に選ばれる[1]2014年、第二詩集『指差すことができない』が第19回中原中也賞を受賞する[2]

劇作家神里雄大とは大学の同級生で[3]、朗読会を共催するなど親しい関係である。

著作[編集]

詩集[編集]

絵本[編集]

  • 『はっぱの いえさがし』2016年、福音館書店(絵:北島遊)
  • 『うみの いいもの たからもの』2020年、福音館書店(絵:山口マオ)

出典[編集]

外部リンク[編集]