大島 (徳島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大島
Mugi-Oshima Island Aerial photograph.1975.jpg
牟岐大島の空中写真。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1975年撮影)
所在地 日本の旗 日本 徳島県
座標 北緯33度38分10秒
東経134度29分30秒
海岸線長 8 km
最高標高国土地理院)216 m
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

大島(おおしま)とは、阿南海岸から8 km沖に浮かぶ周囲約8 kmの無人島である。徳島県海部郡牟岐町に所属するため、牟岐大島(むぎおおしま)と呼ばれる事も多い。今でも多くの自然が残されており、徳島県内では釣りダイビングの名所として有名である。とくしま88景に選定。

地形[編集]

周囲約8 km、高さ約200 mの、かなり急勾配な地形を持つ島である。島の周囲も切り立っており、島の西部にある船着き場以外から上陸することは難しい。このような厳しい環境が人を寄せ付けず、今日まで多くの自然を残す結果となっている。

北方には櫂投島、西方には津島小津島出羽島がある。

動植物[編集]

島のほぼ全域に渡って樹木に覆われており、豊かな森林を形成している。タブノキシラタマカズラが主である。では珊瑚礁が広く分布しており、イサキクマノミなど温帯亜熱帯の楽園となっている。また、ツツガムシ病を媒介するツツガムシも多く、死者も出ているので注意が必要である。

交通手段[編集]

牟岐港からに乗る以外に島に渡る手段はない。また、定期便は無いため、事前に地元のダイビングクラブや渡船業者に依頼する必要がある。島は個人所有の為、無断で立ち入る事はできない。

関連項目[編集]