大島襄二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おおしま じょうじ
大島 襄二
生誕 (1920-02-15) 1920年2月15日
日本の旗 日本愛知県名古屋市
死没 (2014-03-11) 2014年3月11日(94歳没)
出身校 旧制京都帝国大学地理学専攻
職業 関西学院大学名誉教授帝塚山学院大学教授

大島 襄二(おおしま じょうじ、1920年2月15日 -2014年3月11日[1])は、日本の文化地理学者文学博士関西学院大学名誉教授、元帝塚山学院大学教授。太平洋学会第三代会長。 地理学者として学術探検にも赴き、島嶼地理学、文化人類学者としても有名である。 愛知県名古屋市生まれ。

略歴[編集]

以降快方に向かい、近江兄弟社中学校・高等学校同志社高等学校で教鞭をとる(1953年まで)。

  • 1953年 – 関西学院大学文学部教授(1988年定年まで)。
  • 1988年 - 帝塚山学院大学教授(1991年まで)。

学会など[編集]

その他[編集]

  • 同志社高等学校山岳部部長
  • 関西学院大学山岳部部長
  • 作詞、作曲(サナトリウム、同志社女学校、同志社高校、帝塚山学院大学に関連)を残す。

著書・論文[編集]

  • 『幻のケン・エイ族』(毎日新聞社、1968年)
  • 『水産養殖業の地理学的研究』(東京大学出版会、1972年)
  • 『文化地理学序説』(理想社、1976年)
  • 『森と海の文化』(地人書房、1980年)
  • 『文化地理学序説』(理想社、1962年)
  • 『魚と人と海―漁撈文化を考える』(日本放送出版協会、1977年)
  • 『トレス海峡の人々―その地理学的・民族学的研究』(古今書院、1983年)
  • 『文化地理学』(古今書院、1989年)浮田典良、佐々木高明共著
  • 『海を語る』(海青社、1988年)
  • 『大阪府漁業史』(大阪府漁業史編さん協議会、1997年)共著
  • 『熱い心の島 : サンゴ礁の風土誌』(古今書院、1992年)共著
  • 『パラワン島の原住民と自然』(関西学院大学、1968年)関西学院大学パラワン島学術探検隊
  • 『パラワン島南部の山地民』(関西学院大学、1969年)関西学院大学パラワン島学術探検隊
  • 『五年後の霧』(編集工房ノア、2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 訃 報 同志社中高同窓会事務局 2014年3月12日閲覧