大島良士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大島 良士(おおしま よしお[1]1890年明治23年)12月23日[2] - 没年不詳)は、朝鮮総督府官僚。実業家

経歴[編集]

香川県木田郡氷上村(現在の三木町)出身[2]1915年大正4年)に東京帝国大学法科大学独法科を卒業し、大学院に進んだ[2]。同年、高等文官試験に合格し、翌年に朝鮮総督府試補となった[2]。道事務官咸鏡北道財務部長、慶尚南道財務部長、京畿道財務部長、全羅北道内務部長、平壌府尹、釜山府尹、京畿道内務部長などを歴任した[1][2][3]

1936年(昭和11年)に退官した後は、東亜窒業株式会社社長、協同油脂株式会社社長、満州協同油脂株式会社社長、協同油脂販売株式会社社長、協同油脂製函株式会社社長、朝鮮造船鉄工所株式会社取締役、朝鮮水産開発株式会社顧問、朝鮮協同海運株式会社相談役などを務めた[1][3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第14版』 帝国秘密探偵社、1943年
  • 『輓近大日本拓殖史』 日本行政学会、1934年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(上)』 人事興信所、1943年